1週間乗って分かった ジープ「ラングラー」はスーパーカーのサブ機だ!【失敗しないSUV選び】

スーパーカーのサブとしてオススメのSUVを、元スーパーカー雑誌編集長の西山嘉彦が選出。第3回目はジープ「ラングラー・アンリミテッド」。ハレの乗り物であるスーパーカーをドライブするオーナーにオススメする理由を解説。

時代はいま、タイムレスな「定番」を求めている

 ジープ「ラングラー」が好調である。2021年3月の月間販売台数は1123台と、はじめて1000台を突破。4代目ラングラーは2018年から日本市場に導入されており、とくに新規感あるモデルではないにも関わらず、販売台数を着実に伸ばしているのである。

 その理由を確かめるべく、「ラングラー・アンリミテッド・サハラ」とともに1週間を過ごしてみることにした。

いま、スーパーカーやスポーツカーオーナーが密かに注目しているジープ「ラングラー・アンリミテッド」

 日本では現在、ラングラー・アンリミテッドは3つのグレード展開をしている。車両価格順に手頃なものから「スポーツ」、「サハラ」、「ルビコン」というラインナップだ。

 このうち、都市生活者の日常のパートナーとしてもっともオススメなのは、個人的にはサハラ。ルビコンではない理由は、究極の4×4システムである「ロックトラック4×4システム」を必要とするほどのオフロードを走らない人にとっては、ルビコンではオーバースペックという判断による。

 では、サハラと同じ「セレクトラック フルタイム4×4システム」を搭載し、価格も手頃なスポーツでもよさそうなものだが、オーバーフェンダーとフリーダムトップ3ピースモジュラーハードトップがブラックであるため、街中ではハードすぎるイメージになってしまう。

 一方、サハラではスポーツでブラックの部分がボディ同色となる。そのため外観が洗練された都会的な雰囲気になり、さらにスポーツではファブリックだったシートが、サハラだとレザーに。「泥」のイメージが強いラングラーにあって、都会的で洗練されたイメージがあるのがサハラなのだ。

 ボディカラーは、ブラックC/C、ブライトホワイトC/C、グラナイトクリスタルメタリックC/C、スナッズベリーP/Cの4色。どれもよく似合うカラーだが、オンロードメインで使用(しかも都市部)することを考えると、ホワイトかスナッズベリーあたりがお洒落。ボディ同色のオーバーフェンダーが効果を発揮するカラーだ。

 今回試乗したラングラー・アンリミテッドは、スナッズベリー。もっともお洒落上級者向けのボディカラーである。

●永遠のスタンダード

都会的で、とても洗練されたイメージのボディカラー、スナッズベリーP/C

 ラングラー・アンリミテッドがいま受け入れられている理由は、試乗するまでもなく幾つか挙げることができる。SUVブームが後押ししていることはもちろん、最大の理由は永遠のスタンダートといえるデザインにあるだろう。

 フロントの丸目2灯にセブンスロットグリル。角張ったフォルムに台形のホイールアーチ。これぞジープというスタイルをまとったエクステリアは、もはやアイコンとして完成されたデザインだ。そういえば、ラングラー・アンリミテッドのデザイン的始祖であるウィリス「M-38A1ジープ」は、MoMAに永久収蔵されている数少ないクルマの1台であった。つまり、すでにウィリス時代にデザイン的には完成されていたということになる。

 クルマだけでなくライフスタイル全般にこだわりのある人は、一過性の流行りのデザインのクルマや、エンブレムを外すとどこのブランドか分からないようなクルマにはおしなべて興味がない。

 たとえば、メルセデス・ベンツ「Gクラス」やポルシェ「911」は、もはや外観のデザインそのものがアイデンティティとなった典型であろう。別のいい方をすれば、Gクラスや911のデザインは、「SUV」や「スポーツカー」を意味するものではなく、「Gクラス」であり「911」であるという記号にまで昇華されている。同じくラングラー・アンリミテッドのデザインは、紛れもなく「ジープ」を意味する記号だ。だからこそ時代を超えて根強い人気があるのだ。

Gallery:【画像】1週間乗ってわかったラングラーの○と×(32枚)