表参道にプレミアムチョコレートブランド「リンツ」が世界初のフラッグシップをオープン!

プレミアムチョコレートブランド「リンツ」の世界初フラッグシップが表参道にオープン。世界でここだけのスペシャルコンテンツが体験でき、チョコレートの新たな魅力や更なる可能性が発見できる新コンセプトで構成される新店舗だ。オープン前日、その魅力を一足先に体験してきた。

プレミアムチョコの老舗「リンツ」のフラッグシップがオープン!

 世界で愛されるプレミアムチョコレートブランドの中で歴史が長い「リンツ」。175年以上もの伝統あるものづくりと、チョコレート業界に新たなイノベーションを起こしてきた。そんなリンツの伝統と歴史が一目でわかるよう店内には「ヘリテージエリア」と、リンツの革新が体験できる「リンドールモーメントエリア」の2つのエリアで構成されている。

●プレミアムチョコレートブランドの中でもっとも歴史が長い「リンツ」

世界初のフラッグシップ「リンツ ショコラブティック&カフェ表参道」がオープン

 リンツの歴史をたどってみると、現在では当たり前となっているコンチングプロセスを発明したのがリンツだということがわかる。1879年のことだ。

 コンチングとは、カカオ豆を長時間練り上げ、よりなめらかな口どけにするための工程のこと。この発明がなければ、今のようななめらかなチョコレートを食べることができなかったといわれ、チョコレートの4大発明のひとつといわれている偉業だ。

 現在では、リンツの定番になっているチョコレートがいつ誕生したのか3Dの年表形式で紹介されている。リンツファンなら、自身の思い出と照らし合わせてみるのも楽しいに違いない。

 また、革新が体験できる「リンドールモーメントエリア」では、今ではリンツといえば真っ先に頭に浮かぶリンドールを楽しむことができる。これは日本独自で開発されたもので、専用のコインを投入し、リンドール3種類のフレーバーから好きなものを選ぶと、からくり仕掛けのマシンからリンドールが出てくる仕様になっている。

 先にフレーバーを選んでいるが、転がり落ちてくるリンドールを見ていると、なんだかワクワクするのが不思議だ。リンドールを手にとると、フレーバーごとに異なるストーリーがデジタルサイネージで鑑賞できる。新たなフレーバー、新たなストーリーに出会えるというわけだ。現在は、向かって左から最新フレーバーのダブルチョコレート、定番で一番人気のミルク、大人に人気の抹茶の3種類だ。

 このコンテンツは、1500円以上購入するとコインが受け取れ、参加することができる。世界でここだけ、出かけた際は、ぜひお試しあれ。

Gallery:【画像】表参道の「リンツ」ショップをのぞいてみよう!(12枚)