ブライトリングが鉄人のために作った「エンデュランス プロ アイアンマン ウォッチ」を発表

ブライトリングは2021年6月16日、一般参加スポーツを運営する世界最大企業であるアイアンマングループのアイアンマン・トライアスロン大会を支えるパワーとスタミナを称えた新しいオフィシャルラグジュアリーウォッチを発表した。

ふたつのエキサイティングな新モデル

 ブライトリングとアイアンマンが長期的なパートナーシップを提携し、ブライトリングの究極のアスレジャーウォッチ特別シリーズ「エンデュランス プロ アイアンマン」を共同でデザインした。今回発表されたのはレッドバージョンとブラック&ゴールドバージョンの2種類。それぞれどのような究極のウォッチとなっているのだろうか。

ブライトリング「エンデュランス プロ アイアンマン」

 アイアンマンと名がついてはいるが、新作の「エンデュランス プロ アイアンマン」コレクションは、アスリートだけでなく、究極のアスレジャーウォッチを求めるラグジュアリーな人にもオススメの1本だ。

 44mmのケースは、チタンの約1/3、スチールの約1/6の軽さでありながら、非常に高い硬度を持つブライトライトを使用。ブライトリング独自のこのハイテク素材は、傷や摩擦、腐食に対して非常に高い耐性を持ち、熱安定性、非磁性、低刺激性も有し、メタルよりも温かい触感なのが特徴。

 このモデルを駆動させるのは、COSC公認クロノメーターの温度補正機能付きSuperQuartzムーブメント、ブライトリング・キャリバー82だ。

 通常のクォーツに比べて10倍の精度を持ち、約3年から4年の電池寿命を持ち、両方向回転ベゼルには方位が刻印されている。リューズは指の感覚だけでそれと認識できるように成型されており、つまみやすく、操作性に優れている。

 時分針はスーパールミノバでコーティングされ、どんな条件下でも時刻をはっきりと読み取ることが可能。また、視認性を向上させるデザインとして、スモールセコンドのサブダイヤルのほか、1/10秒および30分のクロノグラフカウンターも配されている。このモデルの防水性は10気圧(100メートル/330フィート)だ。

●エンデュランス プロ アイアンマン

 レッドのダイヤル、ブラックのインナーベゼル、パルスメーター目盛りが特徴。このウォッチは、レッドのラバーストラップ、ブライトライト製ダブル穴留め式バックルの組み合わせとなる。ブライトリングの刻印ではなく、ユニークなアイアンマンの刻印が施されている。

 スポーツや時間計測を好む人たち向けとなっており、ブライトリング ブティックや正規販売店、www.breitling.comで購入が可能だ。

●エンデュランス プロ アイアンマン フィニッシャー

 ブラックにゴールドのアクセント。アイアンマンを完走したアスリート向けの限定ウォッチだ。このバージョンは、アイアンマンのチャネルのみで販売され、ケースバックにはアイアンマン フィニッシャー シリーズの特別な刻印が施されている。

* * *

 オリジナルのエンデュランス プロは、1970年代に発売されたカラフルで驚くほど軽量のブライトリング スプリントからインスピレーションを得ており、パルスメーターを搭載していたため、心拍数を計測したいアスリートに最適であった。

 さらに、アイアンマンコミュニティのためのモデルが、今後数か月のうちに追加発表される予定だ。続報は、ウェブサイトやニュースレターをチェックすべし。

Gallery: 【画像】ブライトリングの究極のアスレジャーウォッチ特別シリーズを見る(7枚)