BMWが誇るアドベンチャー! GSシリーズ40周年記念モデル新型「F750 GS/F850 GS 40 Years GS Edition」を発売

ビー・エム・ダブリューは、オンロードからオフロードまで、幅広いシーンでツーリングを楽しめる2輪車モデル「GSシリーズ」の生誕40周年を記念した新型BMW「F750 GS 40 Years GS Edition」と新型BMW「F850 GS 40 Years GS Edition」を、2021年6月25日より発売すると発表した。

1987年に発売されたBMW「R100 GS」をイメージ

 ビー・エム・ダブリューは2021年6月25日より、オンロードからオフロードまで、幅広いシーンでツーリングを楽しめる同社の2輪車モデル「GSシリーズ」生誕40周年を記念した新型BMW「F750 GS 40 Years GS Edition/F850 GS 40 Years GS Edition」の販売を開始する。

BMW新型「F850 GS 40 Years GS Edition」

 1980年に誕生した「R80 G/S」から40年間、ラリースポーツをルーツとするGSシリーズは、ライダーの冒険心や好奇心を満たし、引き返したくなるような悪路であっても挑む気概を与え、ライダーと共に世界中の道を走破してきた。

 そして今回発表された限定車は、2020年に生誕40周年を迎えたことを記念し、1987年に発売されたR100 GSをイメージしてデザインされたという。ブラックとイエローを基調とした目を引くデザインは、人々の好奇心を駆り立て、GSシリーズが歩んできた歴史を思い起こさせる。サイドパネルには、「40 Years GS」のロゴがあしらわれ、GSシリーズの40周年を祝うモデルであることをひと目で感じさせる、インパクトあるデザインだ。

 さらに、イエローのハンドプロテクターバーや、ブラックとイエローの2色でデザインされたシートが装備され、シート表面には40周年記念の専用ロゴがあしらわれている。

 また、ブラックマットで塗装されたホイールや、シルバーのハンドルバー、亜鉛メッキ仕上げのラジエターカウルは、R100 GSを彷彿とさせる装備として採用。新型F850 GS 40 Years GS Editionには、ブラックのフォークアッパーチューブが装備されるなど、より目を惹くデザインとなっている。

 機能面では、LEDフラッシュインディケーターが標準装備されると共に、コックピット右前方にはUSB充電ソケットを装備。ABS Proおよびダイナミックトラクションコントロール(DTC)を標準装備とすることで、加速時の安全性も向上された。

 そしてパワートレインには従来通りパワフルな2気筒エンジンを搭載。新型F750 GSでは最高出力77ps/7500rpm、最大トルク83Nm/6000rpm、新型F850 GSでは、最高出力95ps/8250rpm、最大トルク92Nm/6,250rpmを発揮する。

 車体価格(消費税込)は、新型F750 GS 40 Years GS Editionが147万6000円、新型F850 GS 40 Years GS Editionが177万6000円となる。

●新型F750 GS/F850 GS 40 Years GS Editionの主な特徴

・サイドパネルや、シート表面に40周年記念の専用ロゴを採用
・BMW R100 GSを彷彿とさせるデザイン装備を採用
・排気量853ccのパワフルな並列2気筒エンジン
・BMW F750 GS:最高出力77?/7500rpm、最大トルク83Nm/6000rpm
・BMW F850 GS:最高出力95ps/8250rpm、最大トルク92Nm/6250rpm
・ABS Proを標準装備
・ライディングモードの「Rain」および「Road」を全車標準装備。
・ダイナミックトラクションコントロール(DTC)を標準装備し、加速時の安定性をさらに向上
・クラッチの操作に必要な握力を軽減させるアンチホッピングクラッチ
・USB充電ソケット(最大2.4A)を標準装備
・LEDヘッドライト、LEDテールライト、およびLEDフラッシングターンインディケーターを標準装備
・ETC 2.0車載器を標準装備

Gallery:【画像】BMW「R100 GS」を彷彿させるGS40周年記念モデル「F750 GS/F850 GS 40 Years GS Edition」を見る(6枚)