VW新型「ゴルフ」日本上陸! なぜ歴代ゴルフはライバル車の目標とされてきたのか

2021年6月、ついにVW新型「ゴルフ」が日本に上陸した。1974年の初代モデル登場以来、VWゴルフはいつの時代も「セグメントリーダー」と呼ばれ、常にライバル車の目標であり続けている。なぜゴルフはそういう存在になっているのだろうか。

現代に続くFFハッチバックの「原型」

 ついに8世代目となる新型「ゴルフ」、通称ゴルフ8が日本に上陸した。

 新型ゴルフを理解するキーワードは、「インテリジェント」「コネクテッド」「電動化」だ。大型ディスプレイなどクルマとドライバーのインターフェースの多くをデジタル化し、コネクテッド機能と結び付けている。

 パワートレインにはフォルクスワーゲン(VW)初の48Vマイルドハイブリッドを採用した。日本に導入されるのは1リッターと1.5リッターの2種のTSIエンジンだ。価格は291万6000円(消費税込、以下同)から375万5000円となる。

 先代のゴルフ7は、日本カー・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど高い評価を得た。当然のように、Cセグメント・ハッチバックを代表するモデルとして認知されたのだ。いわゆるセグメントリーダーとなる。そして、歴代ゴルフは、それぞれの時代で常にセグメントリーダーと呼ばれていた。その理由はどこにあるのかを考えてみたい。

* * *

 まずは、ゴルフの歩んできた歴史を振り返ってみよう。

 初代ゴルフが登場したのは1974年のこと。ジウジアーロが率いるイタル・デザインがかかわった初代ゴルフは、直線基調のボクシーなFFモデルとして登場した。クルマの後ろにトランクスペースを持たない2ボックススタイルを採用。いまでこそ直線基調の2ボックスFFモデルなど珍しくともなんともないが、1970年代初頭としては非常に斬新なものだった。

1974年にヨーロッパで発売されたVW初代「ゴルフ」。タイプ1(通称:ビートル)の後継モデルとして開発された

 思い起こしてほしい、ゴルフ登場以前の1950年代から60年代にかけてのカーデザインのトレンドは、テールフィンや流線形であり、丸みを帯びたボディのクルマばかりであったのだ。この流行は米国車だけではなく、ドイツ車もそうだった。そこに登場した初代ゴルフは、斬新さと合理的な使いやすさで、すぐに大ヒットモデルとなる。

 このヒットでVWは救われる。じつのところ1960年代から70年代初頭のVWは苦悩していた。

 偉大な大ヒットモデルである「ビートル(タイプ1)」の後継を生み出すことができなかったのだ。空冷エンジンを車体後端に載せて後輪を駆動するビートル。そのメカニズムを流用した後継モデルは、どれも大ヒットには至らなかった。

 そこに登場したのがゴルフであった。水冷エンジン、前輪駆動(FF)、エンジン横置き、そして直線基調デザインというゴルフは、ビートルとは正反対のキャラクターともいえる。

 しかし、その革新性によってビートルの後継車としての座を勝ち取ることに成功した。

Gallery:【画像】誕生は1974年! 8世代にわたって進化してきたVW「ゴルフ」の歴史を見る(33枚)