ランボルギーニが香水を発売!? Culti Milanoとのコラボレーションを発表

ランボルギーニは2021年6月9日、環境保全文化のパイオニアブランドであるCulti Milanoとのコラボレーションによるフレグランスを発表した。

エクスクルーシブなフレグランスを創り出すパートナー

 アウトモビリ・ランボルギーニは2021年6月9日、同社初のフレグランス・ブランディングプロジェクトとして、Culti Milanoとの正式契約を発表した。

ランボルギーニとCulti Milanoのフレグランス・ブランディング プロジェクトのイメージ

 Culti Milanoは、驚嘆するほど時代を先取りしていたアレッサンドロ・アグラーティ氏の、ひとつのものに捉われることのない直感から誕生した。空間と物体にも独自の香りがあり、心地よい部屋に置かれた美しいもの、そして香りのクオリティで自分を包むことができるとする、彼の感覚から生まれたのだ。

 デザインの世界と感覚の世界の関連性について、アグラーティが個人的に研究を始めたのは、1988年のことだという。そして、その発見は人が空間と物体を感じる方法そのものに、革命をもたらすものとなる。

 そんなCulti Milanoと卓越したスーパースポーツカーブランドであるランボルギーニが出合い、エクスクルーシブでコンテンポラリー、そして情熱を紐解くフレグランスが誕生した。

 ふたつのブランドの価値観が完璧に融合し、すべてがメイドインイタリーの高級感を醸し出す。

 このフレグランスは、ふたつのブランドの才能を凝集して表現したもので、エッセンスが持つ複数の特徴が展開する独自のストーリーのなかに、デザイン、革新性、快適性が共存する。
 
 柑橘類を感じさせるオープニングに、生き生きとしたハートノートが続き、さらに、力強く活気溢れる洗練された精神を表現する、包み込むようなベースノートが現れるのだ。それはグレープフルーツ、ビターオレンジ、ベルガモット、ベチバーのノートを引き出し、エンディングはシダーと白檀の包むようなベースノートという、新鮮な変化を短時間で生み出すことになる。

 パッケージは、大胆かつ個性的ですっきりしたデザインが採用された。Decorディフューザーは、500ml、1000ml、2700mlの各サイズを設定。ランボルギーニのカラーレンジからBronzo Zenas(ブロンズ色)がセレクトされ、スクリーン印刷のロゴが施されたマットな仕上がりとなっている。

 同フレグランスは、Culti Milanoとアウトモビリ・ランボルギーニのデジタルチャネル、サンタアガタ・ボロネーゼのランボルギーニ・フラッグシップ・ストア、ミラノ、トリノ、フォルテ・デイ・マルミ、ナポリ、バーリにあるCulti Milano各ショップでの販売となる。

Gallery:【画像】ランボルギーニとCulti Milanoとのコラボレーションで生まれたフレグランスを画像で見る(8枚)