VAGUE(ヴァーグ)

先代ゴルフで人気だったディーゼルモデル「TDI」はいつ登場?

●新型「ゴルフヴァリアント」「ゴルフ オールトラック」

 ワゴンモデル、新型「ゴルフヴァリアント」およびクロスオーバーモデル「ゴルフ オールトラック」は2020年9月に世界初公開され、同月に欧州市場に導入されている。

  • 新型「ゴルフヴァリアント」

 新型ゴルフヴァリアントの全長は4633mm、ホイールベースは2686mmと、先代と比較してそれぞれ66mm増加。これにより、プロポーションは視覚的により長く、そしてよりフラットに見せる。ヘッドライトとテールライトのクラスターにはLEDテクノロジーが採用されている。

 またラゲッジルームはVDA方式で611リッターと、先代よりも6リッター増加。さらに後席を倒した最大積載容量は1642リッターと、22リッター増えているのも特徴になる。

 その新型ゴルフヴァリアントをベースにしたクロスオーバー、ゴルフ オールトラックは4モーション(4WD)を標準装備し、最低地上高を高め、さらにバンパーなどをオリジナルのオフローダータイプに変更。4モーションのおかげで、トレーラー牽引の最大重量2000kgを達成している。

  • 新型「ゴルフ オールトラック」

 新型ゴルフヴァリアント、および新型ゴルフ オールトラックの日本導入は2022年になりそうだ。

●新型「ゴルフR」

 VWゴルフシリーズのなかでフラッグシップとなる最強スポーツモデル、新型「ゴルフR」も2020年11月に世界初公開、すでに欧州で販売を開始している。

  • 新型「ゴルフR」

 新型ゴルフRに搭載するエンジンは、直噴の2リッター直列4気筒ガソリン「EA888」の最強バージョン。最高出力320ps・最大トルク420Nmを発生する。

 駆動方式は4モーション(4WD)。Rパフォーマンス トルクベクタリングを備えた4モーションは、エンジンの出力を4つの駆動輪に分配する新しいメカニズムで、駆動力をフロントアクスルとリアアクスルの間だけでなく、2つの後輪の間でも可変的に分配するもの。これにより、とくにコーナリング時の速度を大幅に向上させることができるという。

 この4モーションはビークルダイナミクスマネージャー(VDM)を介して、電子デフロック「XDS」やアダプティブシャシコントロール「DCC」などとネットワーク化されている。

 0-100km/h加速はわずか4.7秒、最高速度は250km/h(リミッター)というパフォーマンスを誇る。オプションの「Rパフォーマンス パッケージ」を組み合わせると、最高速度を270km/hまで上げることが可能になっている。

 新型ゴルフRが日本に上陸するスケジュールは未定だが、欧州で登場したタイミングを考えると、2022年後半にも日本で発表されることが予想される。

* * *

 今回日本で登場した新型ゴルフは、「1.0eTSI」「1.5eTSI」のガソリンモデルのみだが、欧州では2リッターディーゼル「2.0TDI」も115psバージョン、および150psバージョンの2種類が用意されている。

 この150psバージョンの2.0TDIディーゼルモデルが今後日本で展開される予定で、早ければ2021年年内にも登場する見込みだ。

 先代7代目ゴルフも、モデル末期となる2019年8月に「ゴルフTDI」を導入したところ大人気となり、その後の日本での販売の7割以上がTDIになったといわれている。新型ゴルフでもディーゼルモデルを待ち望んでいる人も多い。

 これらのモデルの日本での発表は、現時点での予想時期を書いたが、現在世界的な半導体不足により、どの自動車メーカーでもクルマの生産がままならない状況になっている。そのため、そのスケジュールから大幅に遅れる可能性もある。

Gallery新型ゴルフGTIやゴルフRも! 日本に登場する新型ゴルフ派生モデルを見る(27枚)

page

RECOMMEND