GTIやRはいつ登場!? VW新型「ゴルフ」日本上陸後の “次の一手”とは

2021年6月15日にフルモデルチェンジして日本で発表された新型「ゴルフ」。8世代目に進化したオールニューモデルだが、欧州ではすでに2019年10月に発表され、それから1年半の間に多くのバリエーションが登場している。今後日本で展開する予定の新型ゴルフのラインナップを見ていこう。

今後新型「ゴルフGTI」など魅力のモデルが日本にやってくる

 およそ8年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、2021年6月15日に、8世代目となるフォルクスワーゲン(VW)新型「ゴルフ」が日本で発表された。

 登場したのは最高出力110ps・最大トルク200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボエンジン搭載の「ゴルフeTSI アクティブベーシック」と「ゴルフeTSIアクティブ」、および150ps・250Nmを発生する1.5リッター直列4気筒ターボエンジンの「ゴルフeTSI スタイル」と「ゴルフeTSI Rライン」の4グレードだ。

 全グレードともにガソリンエンジンで、すべてVW初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載する。

 車両価格は、ゴルフeTSI アクティブベーシックが291万6000円(消費税込、以下同)、ゴルフeTSI ベーシックが312万5000円、ゴルフeTSI スタイルが370万5000円、ゴルフeTSI Rラインが375万5000円だ。

* * *

 日本に上陸した新型ゴルフだが、欧州ではすでに2019年10月に発表されている。昨年2020年、欧州市場においてこの新型ゴルフは31万2000台が販売され、2020年販売台数ナンバーワンの座を手に入れている。日本でもその出来に期待が高まるところだ。

 新型ゴルフの世界初公開から1年8か月、欧州では新型ゴルフをベースとした派生モデルが登場している。

●新型「ゴルフGTI」

 FFホットハッチ、新型「ゴルフGTI」が世界初公開されたのは2020年3月。同年9月には欧州で発売されている。

新型「ゴルフGTI」のLEDヘッドライト

 新型ゴルフGTIに搭載されるのは、2リッターターボ「2.0TSI」。エンジン型式としてはEA888ターボシリーズの最終進化形「EA888 evo4」となる。最高出力は245ps、最大トルクは370Nmを発生、7速DSG(DCT)と組み合わされ、0-100km/h加速は6.3秒、最高速度は250km/h(リミッター)というパフォーマンスを誇る。

 新型ゴルフGTIには、新開発のビークルダイナミクスマネージャー(VDM)を装備。これはESPの機能を調整し、電子制御ショックアブソーバーの横方向の入力を制御するもので、これによりFF車の典型的な特性であるアンダーステアを少なくすることができるという。また先代「ゴルフGTIパフォーマンス」と「ゴルフGTI TCR」に設定されていたフロントアクスルロッキングデファレンシャルを標準装備。グリップとハンドリングを最適化することでパフォーマンスを向上している。

 新型ゴルフGTIは、2021年内にも日本に上陸する見込みとなっている。

 なお、2020年3月に新型ゴルフGTIと同時に世界初公開されたプラグインハイブリッド(PHEV)の新型「ゴルフGTE」、およびディーゼルモデルの「ゴルフGTD」の日本導入スケジュールは未定だ。

プラグインハイブリッド(PHEV)の新型「ゴルフGTE」

 新型ゴルフGTEは、最高出力150馬力を発生する1.4リッターターボガソリンエンジン「EA211 TSI」と電気モーターを備えたハイブリッドモジュールに6速DSG、新型のリチウムイオンバッテリーで構成されている。このパワートレインは、245psの最高出力と400Nmの最大トルクを発揮。EVモードでの走行可能距離は約60kmと、先代モデルと比較して大幅に延長された。

 ターボチャージャー付きディーゼルエンジンを搭載した新型ゴルフGTDは、長距離走行を得意とするスポーツカーだ。最高出力200psを発生する2リッターターボ4気筒ディーゼルエンジン「EA288 evo シリーズ」を搭載し、400Nmという極めて力強い最大トルクを発生。7速DSGが組み合わされる。

 外観では、GTI/GTE/GTDの3モデル共通で標準装備されるLEDヘッドライトが低い位置に配置され、ラジエーターグリルとの組み合わせで印象的なクロスバーを形成。フロントエンドには、ボンネットの先端に細いラインが配置されることとなる。

Gallery:新型ゴルフGTIやゴルフRも! 日本に登場する新型ゴルフ派生モデルを見る(27枚)