VW新型「ゴルフ」ついに日本上陸! 8年ぶりのフルモデルチェンジでどう変わった?

フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は2021年6月15日、フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」をフルモデルチェンジして発売した。

エンジンは1リッターと1.5リッターの2種類。価格は291.6万円から

 フォルクスワーゲングループジャパン(VGJ)は2021年6月15日、フォルクスワーゲン(VW)「ゴルフ」をフルモデルチェンジして発表した。

VW新型「ゴルフ」。このボディカラーは有償カラーのライムイエローメタリック

 フルモデルチェンジで8世代目に進化した新型ゴルフは、全長4295mm×全幅1790mm×全高1475mm、ホイールベース2620mmというボディサイズだ。

 これは先代ゴルフに比べて全長は30mm長く、全幅は10mm狭く、全高は5mm低められている。ホイールベースも15mm短くなっているが、乗員のショルダールーム(フロント1420mm/リア1370mm)、およびヘッドルーム(フロント1018mm/リア968mm)と、先代モデルと同レベルを確保している。また荷室容量は通常時380リッター、最大1237リッターとなる。

 エクステリアは、ひと目でゴルフだとわかるデザインだ。Cピラーは初代ゴルフのアイコンを現代へと受け継ぐもので、ダイナミックな印象を生み出している。

 フロントデザインはさらにスリムになったラジエーターグリルとなり、従来のライトに代わり全モデルにLEDテクノロジーが採用されている。さらに前面投影面積は2.21平方メートルとなり、空気抵抗係数(Cd値)は先代モデルの0.3から0.275に改良。空力特性が改良されたことでさらなる低燃費に貢献、風切り音の低減などにも繋がっているという。

 先日日本で発表された改良新型「パサート」や改良新型「ティグアン」でも装備されたLEDマトリクスヘッドライト「IQ.ライト」はオプションで用意。これは左右のヘッドライトモジュールごとに22個のLEDを使用したもので、最大10種類のライト機能を起動させて路面を照らす。またIQ.ライトには、ゴルフとしては初採用となるダイナミックターンインジケーター機能も備えている。

 今回登場したパワートレインは2種類。ともにガソリンエンジンで、VW初となる48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載する。

「eTSI」はベルト駆動式スターター、48Vリチウムイオンバッテリー、そして最新世代の効率的なTSIエンジン(ガソリンターボ)から構成されており、最高出力110ps・最大トルク200Nmを発生する1リッター直列3気筒ターボ「1.0eTSI」、および150ps・250Nmの1.5リッター直列4気筒ターボ「1.5eTSI」に、9.4kW(13ps)・62Nmの電動機を組み合わせる。

 インテリアでは、10インチディスプレイを備えた標準デジタルメータークラスター「デジタルコックピットプロ」を全グレードで標準装備。また通信モジュールを内蔵するVW純正インフォテイメントシステム「レディ2ディスカバー」やETC2.0車載器も全グレード標準となる。

 さらにオンライン機能「We Connect」(10年間無償)および「We Connect Plus」(3年間無償)も標準装備する。

 グレードは4種類を用意。従来は「トレンドライン」「コンフォートライン」「ハイライン」というグレードだったが、新たに「Active Basic(アクティブ ベーシック)」「Active(アクティブ)」「Style(スタイル)」「R-Line(Rライン)」と呼ばれるグレードを導入する。

 新型ゴルフの車両価格は、1.0リッターeTSIを搭載する「ゴルフeTSI アクティブ ベーシック」が291万6000円(消費税込、以下同)、同エンジン搭載の「ゴルフeTSI ベーシック」が312万5000円、1.5リッターeTSIを搭載する「ゴルフeTSI スタイル」が370万5000円、同エンジン搭載の「ゴルフeTSI Rライン」が375万5000円だ。

Gallery:すべて刷新! VW新型「ゴルフ」を画像でチェック(23枚)