前澤友作氏に納車! エルメスとロールス・ロイスがコラボした世界「ファントム・オリベ」が日本上陸!!

コーンズ・モータースが運営するロールス・ロイス正規販売代理店「ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京」は2021年5月31日、フル・ビスポーク・モデル「ロールス・ロイス ファントム・オリベ」のオーナーであり、実業家の前澤友作氏への納車式を、車両保管サービス施設、コーンズ・リザーブで実施したと発表した。

ロールス・ロイスとエルメス共同制作した「世界に1台のファントム」

 2021年5月31日、実業家の前澤友作氏が注文したフル・ビスポーク・モデル「ロールス・ロイス ファントム・オリベ」の納車式が、車両保管サービス施設であるコーンズ・リザーブで実施された。

ロールス・ロイス「ファントム・オリベ」と前澤友作氏

 ロールス・ロイス ファントム・オリベは、ロールス・ロイス・モーター・カーズとエルメスとが共同で製作した、世界に類を見ない華麗なビスポーク仕様モデルである。

 美術品収集家、車愛好家でもある前澤友作氏のプライベートジェット機とマッチする「陸のジェット」として構想。約3年半をかけて誕生したという。

 製作にあたっては、ロールス・ロイスとエルメスのビスポークスペシャリストが初めてタッグを組み、両ブランド独自の素材や技術・ノウハウを駆使してエクステリアとインテリアをひとつひとつデザインし、ハンドメイドで仕上げられている。

 印象的なツートンのエクステリア上部は、日本古来の陶器、織部焼の特徴である光沢ある暗緑色の釉薬を見事に再現したビスポークカラー「MZオリベ・グリーン」を採用。ロールス・ロイスのスペシャリストが開発したこの専用塗料は、前澤氏のプライベートジェットにも同じものを使用できるように調合されたという。エクステリア下部はクリーム・ホワイトで仕上げられた。

 インテリアには「エルメス・エネア・グリーン・レザー」をステアリングホイールやグラブハンドル、ギアセレクターやロータリーコントローラーなどの直接触れる細部に採用。室内を包み込むようにエルメスレザーが、ダッシュボード上部やインテリアピラー、リアパーセルシェルフやセンターコンソール、デカンタ収納部などの細部にまで使用されている。

 グローブボックスリッドには、両ブランドの相互理解を示す証として「Habille par Hermes Paris(エルメス・パリによる装飾の意)」の文字を刻印。後部座席用ヘッドレストのクッション部分やカーフサポートには、繊細なエルメスのパイピングが施された。

 さらにロールス・ロイス初の試みとして、ドアアームレストやセンターコンソール、リアコンソール、さらにヘッドライナーには、エルメスを代表する「Toile H(トワル・アッシュ)」キャンバス地が採用されている。

* * *

 ちなみに前澤氏が訪れて納車式がおこなわれたコーンズ・リザーブとは、カスタマーの愛車を長期保管できるコーンズ独自のプレミアムサービスである。

 自動車の保管に適した温度・湿度の空調設備と万全のセキュリティを完備する専用施設では、常時バッテリーチャージが可能なうえ、油脂類やタイヤ空気圧、エンジン始動のチェックなどの基本的な車両の状態確認を定期的におこなってくれる。アクセスは羽田空港や品川駅から車で約15分、羽田空港へは無料送迎サービスも。また事前予約により、24時間いつでも入出庫が可能だ。さらに有料サービスとして、給油、車両回送、点検・車検、各種修理も受けつけてくれるというフルサービスつき。

 前澤氏のように何台も高級車を所有しているカスタマーにとっては、自宅ガレージでバッテリー上がりの心配などもなく、都内のホテル駐車場と違って人目に触れることもないのでセキュリティ上も非常に安心なサービスといえるだろう。

 ただし、前澤氏が納車されたばかりのファントム・オリベをコーンズ・リザーブに預けているかは不明だ。

ロールスロイス・ファントム の中古車をさがす

Gallery:【画像】エルメスとロールス・ロイスがコラボした世界にたった1台の「ファントム」を画像で見る(10枚)