京町屋に暮らすように泊まる 滞在型ホテル「カンデオホテルズ京都烏丸六角」のおもてなしとは

カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントが、伝統的な京町家を現代の生活に合わせてリデザインした「滞在型ホテル」をコンセプトにした「カンデオホテルズ京都烏丸六角」を、2021年6月6日に開業すると発表した。

古き良き京文化と現代の価値観が融合した唯一無二の宿泊体験を提供

 カンデオ・ホスピタリティ・マネジメントは2021年6月6日、伝統的な京町家を現代の生活に合わせてリデザインした「滞在型ホテル」をコンセプトにした「カンデオホテルズ京都烏丸六角」を開業する。

カンデオホテルズ京都烏丸六角

 新たにオープンするカンデオホテルズ京都烏丸六角は、JR京都駅からもアクセス至便な京都の中心地、烏丸御池駅から徒歩3分に位置し、観光の拠点にも最適な立地での誕生となる。

 館内は、レセプション棟、客室棟、大浴場棟の3つの棟で構成。玄関口であるレセプション棟は、京都市登録有形文化財である旧伴家(ばんけ)住宅を改修し、利用者が京町家の空間や文化価値を体験できるようにしたという。

 伴家住宅は、居住棟と店舗棟が南北につながる明治期に建てられた京町家である。厨子二階造りとなっていて二階の天井が低く、虫籠窓がある。近世後期に完成し、明治後期まで一般的に建築された様式で、中二階と呼ばれることもある。

 そんな伴家住宅の強度を保ちつつ、建築的価値の高い梁や柱、襖などの建具を活かした改修をおこなうには、専門知識と高度な技術が必要とされるなか、専門家の協力も得ながら文化財としての価値を継承しつつ、現代の価値観を融合させた形で設計されている。

 京町家を継承したレセプション棟と最新のスペックを配備した宿泊スペースを融合させることにより、「暮らすように京文化に触れる」長期滞在でのご利用を想定した、これまでにない新しい宿泊体験の提供を目指す目論見だ。

Gallery:【画像】町家を改修した滞在型ホテル「カンデオホテルズ京都烏丸六角」を画像で見る(11枚)