ドルガバが「ライトブルー」シリーズの新作を発売! 永遠の愛の精神を表現したフレグランス

ドルチェ&ガッバーナ ビューティは、同ブランドのアイコンフレグランス「ライトブルー」シリーズの新作「ライトブルー フォーエバー」を2021年6月2日に発売した。

永遠の愛の精神を表現したフレグランス

 ドルチェ&ガッバーナ ビューティは2021年6月2日、同ブランドのアイコンフレグランス「ライトブルー」シリーズの新作「ライトブルー フォーエバー」を発売した。

ドルチェ&ガッバーナ ビューティのアイコンフレグランス「ライトブルー」シリーズの新作「ライトブルー フォーエバー」

 新作では、メンズフレグランス「ライトブルー プールオム フォーエバー オードパルファム」とウィメンズフレグランス「ライトブルー フォーエバー オードパルファム」の2種が登場。ふたつの香りで「永遠の愛の精神」が表現されている。

 このふたつの現代的なフレグランスは、ふたつで永遠の愛の精神が表現されており、まさに理想的な組み合わせである。オリジナルの「ライトブルー オードトワレ」を生み出した調香師の巨匠オリヴィエ・クレスプ氏は、「ライトブルー フォーエバー」のクリエーションでは「ライトブルー」を象徴する特長に新たなひねりを追加。

 快活で官能的でフェミニンな香りが地中海のほとりで過ごす長い夏の日の思い出を呼び起こし、そのフルーティーフローラルブーケの香調が、太陽の光をたっぷりと浴びたオレンジブロッサムと数種のホワイトフラワーのノートを捉える。そこにみずみずしいシトラスと爽やかな青リンゴが合わさり、後にやみつきになるウッディーな香りを残すという。

 また、「ライトブルー オードトワレ プールオム」の新章で調香師シャマラ・メゾンデュー氏は、この独特な「ライトブルー」という香りの世界に斬新なアプローチを試み、香りのフレッシュさを男性向けに新たに解釈。こうして出来上がったのが「ライトブルー プールオム フォーエバー」であると説明した。

 フレッシュさを大胆に新しく表現したこの男性用オードパルファムは、香りの濃さと軽やかさがブレンドされ、芳醇で癖になる香りをつくり出している。

 このシトラスウッディー調のフレグランスでは、グレープフルーツとベルガモットの爽やかなノート、そして大地が香るベチバーと官能的なパチョリが織り成す癖になる香りの違いを際立てている。

 ライトブルー フォーエバー オードパルファムの香りの始まりは、爽やかなグラニースミスアップルと香りの強いカラブリア産レモンとが醸し出す、やみつきになる香りから生まれる「ライトブルー」の特徴的なトップノートである。

 レモンの抽出に伝統的な技法「スフマトリーチェ」法を用いることで、レモンを余すところなくすべて香りで表現することを可能とした。

 さらにオレンジブロッサムと色香を漂わせる数種のホワイトフラワーが織り成す、新らしい快活でフローラルなハートノートで香りが開花し、太陽の光を浴びて喜びにあふれたブーケを作り出している。

 この官能的なハートノートに続くバージニアシダ-とカシミアウッドの特徴的な香りが、太陽の温もりに包まれた肌に溶け込み、最後に魅惑的なホワイトムスクに包まれるのだ。

 ライトブルー プールオム フォーエバー オードパルファムは、コールドプレス製法で絞ったグレープフルーツの芳香とイタリアン産ベルガモットのトップノートに新基準のフレッシュさが加えられた香りから始まり、瞬時にカプリ島の柑橘類の木立へと五感を飛ばす。香りが進化し、やがてスミレの葉の爽快なグリーンノートと新鮮なさざ波のしぶきのようなオゾンアコードが混ざり合い、紺碧の地中海のひんやりした水に五感が目覚めるのだ。

 このやみつきになるハートノートに続いて、ウッドベースノートが展開され、先ほどの柑橘系の香り始めとは対照的な新しい楽しさをフレグランスにもたらしてくれる。

 ドライダウンは人を引き付けるホワイトムスクに支配されつつも、インドネシアのジャワ島で採れた大地が香るベチバーの香りの魅力が広がり、そのウッディー感が長らく抗いがたい官能性を醸し出す。

 どちらのボトルも、これまでの「ライトブルー」シリーズのフレグランスに続き、20年の歴史の伝統的人気商品のアイコニックなシルエットがそのまま起用されているが、色はきらめく地中海の色合いからインスピレーションを得た新らしいブルーカラーに作り替えられた。

 女性用の輝くターコイズカラーのガラスは明るい青色の海を彷彿させ、男性用の濃厚な紺碧は深い水域の彩度を思い起こさせる。2本のボトルは互いを完璧に引き立て合い、両ボトルとも輝くゴールドのアクセントが施され、波にきらめく地中海の太陽のまばゆいばかりの光を彷彿させるデザインとなっている。

 スティーブン・ブラームスが監督を務めた動画には、ビアンカ・バルティとデビッド・ガンディが起用され、「ライトブルー」のラブストーリーの舞台には、「ライトブルー」が象徴的なカプリ島のファラッリオーニ岩礁群の目の前が選ばれた。

 今回、この新章では、きらめく光とターコイズの海という魅力的な環境で日光浴や海水浴を楽しみつつ、永遠の愛の精神を祝福する。一方、モレリ兄弟が撮影した画像は、永遠に続く永久の愛の大切な一瞬一瞬が捉えられており、暖かく親密な仲睦まじい雰囲気が伝わってくる仕上がりとなっている。

Gallery:【画像】ドルガバが発売した「ライトブルー」シリーズの新作「ライトブルー フォーエバー」を画像で見る(12枚)