ジラール・ペルゴとアストンマーティンがコラボ! 18本限定の「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン」とは

アストンマーティンとジラール・ペルゴがコラボした至高のウォッチ「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン−アストンマーティン エディション」がついにお披露目された。

クルマと時計のラグジュアリーなコラボレーション

 2021年6月1日、ジラール・ペルゴとアストンマーティンのパートナーシップから初めて生まれた時計が公開された。「スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン−アストンマーティン エディション」と名づけられたスペシャルなウォッチは、ジラール・ペルゴの時計製造に関する知見と、アストンマーティンのラグジュアリーとパフォーマンスに関する独自の知識とが融合された1本である。

マイクロローターの垂直の側面には、アストンマーティンのレターが刻印されている

 それでは、スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン−アストンマーティン エディションの詳細を見てみよう。

 44mmのケースは、アストンマーティンによって選ばれた軽量かつアレルギーを起こしにくい丈夫なグレード5のチタンを採用している。これにブラックDLC(ダイヤモンド・ライクカーボン)コーティングを施すことで、ステルス性の高い外観に仕上がっている。

 ここで興味深いシンクロニシティがある。チタン鉱が発見されたのはアストンマーティンの故郷である英国で、聖職者のウィリアム・グレガーによって1791年に発見されたのだが、1971年といえばジラール・ペルゴが創業した年と同じ年なのである。

 このチタン製ケースに収まるサファイアクリスタル「ボックス」は、全面と背面に採用されており、同軸照明によってケース内部を照らすことで視認性が高められている。

 ムーブメントの地板は排され、2枚のサファイアクリスタルガラスに挟まれることで、まるで空中に浮いているように見え、これがフライング ブリッジという名称の由来になっている。文字盤全体に拡がるジラール・ペルゴを象徴するスリー・ブリッジは、ブラックPVD(物理的蒸着法)処理を施したチタン製で、角がポリッシュ仕上げされ、軽やかな印象となった。

 文字盤の下側に配置されたトゥールビヨン ケージは、19世紀に遡るジラール・ペルゴのすべてのトゥールビヨンに見られる特徴的な「竪琴(リラ)」の形をしている。ケージに取り付けられたブルーの針は秒を示すものだ。

 トゥールビヨン ケージの直径はわずか10mmで、79個もの部品から構成されている。重量はわずか0.25gしかなく、エネルギー消費の抑制に役立っている。

 12時位置に配された香箱にはスケルトン加工が施され、主ゼンマイの一部を眺めることができるようになっている。香箱の下に取り付けられたホワイトゴールド製マイクロローターが主ゼンマイを動かしており、多くの自動巻き時計とは違って、これによってムーブメントの眺めが妨げられるようなことはない。

 マイクロローターの垂直の側面には、アストンマーティンのレターが刻印されており、ホワイトの蓄光塗料が塗布されているので、暗い場所だと青く見える仕組みになっている。これと同様に、インデックスと針にもホワイトの蓄光塗料が塗布されており、やはり暗闇で青い光を放つ。

* * *

 アストンマーティンの執行副社長兼チーフクリエイティブオフィサーのマレック・ライヒマン氏は次のようにコメントしている。

「この新しい時計のデザインで私たちが直面した最大の課題は、スケールの問題でした。私たちは自動車デザインの分野で、これまでよりもはるかに小さな規模で、ラインとプロポーションを考慮しなければなりませんでした。とはいえ、よいデザインはよいデザインであり、時計であれクルマであれ、その原則は変わりません。完成した時計にはとても満足していますし、このコラボレーションが素晴らしい美しさを持つ時計を生み出したので、プロジェクトに取り組んでくださったみなさんを祝福いたします」

 スリー・フライング ブリッジ トゥールビヨン−アストンマーティン エディションは、18本限定となっており、世界各国のジラール・ペルゴ正規販売店で購入することが可能だ。

Gallery:【画像】まるで宙に浮いている腕時計とは(17枚)