ミッドシップスーパーカー 新型「シボレー コルベット」ついに日本上陸! 富士スピードウェイでの印象は

2021年5月29日、新型「シボレー コルベット」の日本デリバリーを祝うイベントが富士スピードウェイで開催された。当初、成約したオーナー参加型のイベントの予定だったが、コロナ禍でオンライン配信イベントに変更された。本コースでの試乗も生配信され、大好評だったという。

荒々しいところがなく サーキットでもすごく乗りやすい

 2021年5月29日の土曜、夏を思わせる強い日差しの富士スピードウェイにて、ゼネラルモーターズ・ジャパンが主催する「ALL-NEW CORVETTE PRIVATE PREVIEW」が開催された。

新型「シボレー コルベット 3LT」

「本日のイベントは、新型コルベットをご成約なさったお客さまを対象にした配信イベントです」というゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社社長の若松格氏の挨拶でイベントはスタートした。若松氏は満面の笑みである。

 新型コルベットは、2020年年初の東京オートサロンでアジア初公開され、その夏に日本導入が発表された。コルベット歴史上、初めてのミッドシップレイアウトが採用されただけでなく、右ハンドル仕様も初めて作られ、しかも、それが世界に先駆け、最初に日本に導入されるという。

 さらに日本向けに用意された右ハンドル仕様の初期ロット約300台は、すでに完売。ゼネラルモーターズ・ジャパンの社長に笑みがこぼれるのも当然のことだろう。

 そうした話題の多い新型モデルを、成約したオーナーとともに富士スピードウェイで楽しもうというのが、このイベントの当初の計画であったという。しかし、現在もコロナ禍ということもあり、最終的に無観客のオンライン開催とし、富士スピードウェイには、限られたメディアの人間だけが集うものとなったのだ。

富士スピードウェイ本コースに並んだ新型「シボレー コルベット」

* * *

 新型コルベットは、2020年の東京オートサロンにて現物を目にしている。

 低く、ワイドなスタンスはこれまでと同様だが、やはりミッドシップ化されたことでプロポーションは大きく変化している。端的にいえば「ノーズが短い!」のだ。また、欧州のスーパースポーツよりも、新型コルベットはさらにエッジが立っている。地を這うような薄さとシャープさが際立つ。

 じっとガレージに佇む新型コルベットは、エンブレムの通り、海底にじっと身をひそめるエイ(スティングレイ)を思い起こさせたのだ。しかし、陽光のもとサーキットを走る姿は、また別の印象だ。まさに生き生きと躍動感にあふれていたのだ。身に備えたポテンシャルを活かせるサーキットが似合うクルマであった。

 イベントは、13時55分からのゼネラルモーターズ・ジャパン社長による挨拶に始まり、すぐに本コースを走る新型コルベットの配信となった。

 今回のイベントは録画ではなくリアルタイムで配信された。カメラを搭載した撮影車の後ろを、5台の新型コルベットがフォーメーションを変えながら走ってゆく。6.2リッターV型8気筒OHVの乾いたエンジンサウンドがサーキットに響きわたる。途中、走行中のドライバーからのライブ配信の走行レポートもおこなわれるなど、なかなかの凝りようだったといえるだろう。

 また、走行後は車両の詳しい解説が配信されるだけでなく、ドライバーによるトークショーも開催された。

 ドライバー役のひとりであったモータージャーナリストの清水和夫氏は「荒々しいところがなくて、走っていて助かったかなと。スッと限界まで連れていってくれて、すごく乗りやすいですね。あまりピーキーなところがない」と、新型コルベットを運転した印象を説明する。

 また、同じくレーシングドライバーの久保凛太朗氏も「走り出して、1コーナーを曲がってアクセルを踏んだ瞬間から、全然、違うねというのは、すぐわかる感じですね。リアのトラクションもすごいですし、パワー、トルクともすべて加速に使える。乗っていて、アクセルを踏むのが楽しくてしょうがなかったですね」と絶賛だった。

Gallery:待ってました! 新型「シボレー コルベット」を画像で見る(23枚)