黒の「e-tron」 アウディ電動SUVに「Sラインブラックエディション」欧州で設定

独アウディは2020年5月21日、電気自動車(EV)のSUV「e-tron」およびSUVクーペ「e-tron Sportback(e-tronスポーツバック)」に「S line Black Edition(Sライン ブラックエディション)」を追加、プリセールを開始した。

e-tron2022年モデルイヤーは交流(AC)充電が11kWから22kWに向上

 独アウディは2020年5月21日、電気自動車(EV)のSUV「e-tron」およびSUVクーペ「e-tron Sportback(e-tronスポーツバック)」に「S line Black Edition(Sライン ブラックエディション)」を追加、ドイツをはじめとする欧州市場でプリセールを開始した。

アウディ「e-tron Sライン ブラックエディション」

 e-tron Sライン ブラックエディションは、フルEVであるe-tronのスポーティさを強調している。フロント・サイド・リアはSラインエクステリアをベースに、さらにシングルフレームグリル、アウディのエンブレム(フォーリングス)、サイドミラーキャップ、e-tronバッジをブラックで統一している。

 さらにアウディスポーツ製21インチアルミホイールもブラックで統一されており、オレンジ色のブレーキキャリパーとのコントラストが映えるようになっている。

 またリアにはダークガラスが装備され、ボディ色は新たにメタリック仕上げの専用カラー「クロノスグレー」「グレイシャー・ホワイト」「ミトスブラック」の3色を用意する。さらにドア下にはLEDライトが装備され、ドアを開けた際に路面に「e-tron black edition」の文字が映し出されるようになっている。

 インテリアはブラックのスポーツシートとアームレストを装備。シートベルトはオレンジで、・ブラックのコントラストステッチが入る。シートのセンター部やドアのインレイには、ペットボトルなどの再生ポリエステルを45%使用した通気性の良い新素材「ダイナミカ」を採用している。

 新設定されたSライン ブラックエディションは、e-tronとe-tronスポーツバックに設定される。

 71kWhのバッテリー容量を誇り、システム出力230kW(約313ps)・540Nmを発生する「e-tron Sライン ブラックエディション50クワトロ」のドイツでの車両価格は7万9350ユーロ(約1070万円)、バッテリー容量95kWh、300kW(約408ps)・664Nmのシステム出力となる「e-tron Sライン ブラックエディション 55クワトロ」は9万1750ユーロ(約1230万円)となる。e-tronスポーツバックは、それぞれ2250ユーロ(約30万円)の追加になる。

 e-tronの2022年モデルは、交流(AC)充電のパフォーマンスが向上している。従来の11kWから22kWに向上し、充電時間が大幅に短縮されるという。
 
 またエクステリアには、ブラックリングやe-tronバッジを装備した「アピアランスパッケージ・ブラックプラス」が、インテリアではダイナミカ内装が全車に設定されている。またアウディコネクトのサービスとして、ストリーミングサービスの「アマゾンミュージック」もオプションで対応する。

* * *

 e-tronは2018年9月に世界初公開されたSUVタイプのフルEVだ。欧州でのe-tron人気は凄まじく、昨年2020年には、e-tronスポーツバックとともに、ドイツのプレミアムメーカーでもっとも多く販売されたEVとなり、その需要は2019年対比でおよそ80%増加したという。

 さらにEVに対する補助金が手厚く、2020年にはついに新車販売のうち54%がEVとなったノルウェー市場においては、すべてのモデルのなかでe-tronがもっとも多く販売されたクルマになった。2021年4月には記念すべき10万台目のe-tronが製造されている。

Gallery:【画像】黒いe-tron「e-tronブラックエディション」をチェック(7枚)