約6400万円で伝説のランチア「037ラリー」がレストモッドで蘇る! 「キメラEVO37」プロジェクトの全容とは

ランチア「037ラリー」が、現代のテクノロジーと当時のスタッフによって蘇った。驚くべき「キメラEVO37」プロジェクトの全容をレポートする。

当時のスタッフが再集結してつくった「キメラEVO37」

 昨今のクラシックカー業界でしばしば登場する「レストモッド」という言葉。旧いクルマを修復するにあたり、現代のコンポーネンツやテクノロジーを投入することで、現代スタイリングや使用状況に合わせて、よりモダナイズを図られたクラシックカーを指している。

 このほどイタリアから産声を上げた「キメラEVO37」も、そのひとつとされているようだ。しかし、そのオリジナルであるランチア「037ラリー」が40年前に開発された時と同じ手法で、しかも同じメンバーが創りあげたという驚きの1台は、いわゆる「レストモッド」の常識を根本から覆すものとも映る。

 話題のキメラEVO37について、現在判明している限りの全容を、VAGUEで解説しよう。

●そのオリジンは、グループB時代最初のチャンピオンマシン

「キメラEVO37」は、ランチア「037ラリー」に携わってきたデザイナーやエンジニアたちとの密接なコラボレーションのもとに開発された

 キメラEVO37の話題に進む前に、まずはオリジナルにしてオマージュの対象であるランチア037ラリーについて解説しよう。

 037ラリーが唯一最大の目的としていたのは、いまも昔も大人気を誇り、とくに当時はメーカーの存亡も左右した「世界ラリー選手権(WRC)」の勝利である。1982年から施行されることになったFIAスポーツ規約「グループB」は、参加を希望する自動車メーカーが連続した1年間に200台を生産すれば、純然たる競技車両であってもホモロゲートを受けることができる。

 そこでランチアと開発を主導したアバルトは、既存のミッドシップ2座スポーツカー「ベータ・モンテカルロ」を、すでに実績のあるメカニズムで再構成することでラリーマシンに仕立て直すことにした。

 並み居るグループBラリーカーのなかでも群を抜いて美しいといわれるボディデザインは、ベース車たるモンテカルロと同じく名門ピニンファリーナによるもの。モンテカルロのセンターモノコック前後に鋼管製のサブフレームを組み上げ、そのサブフレームに各メカニカルパーツと新規デザインの専用カウルを組み合わせる成り立ちとされた。

 シャシ開発には、イタリアのスーパーカーおよびレーシングカーのレジェンド、ジャンパオロ・ダラーラ氏の率いる「ダラーラ・アウトモービリ」社が密接に関与したとされている。

 そしてパワーユニットは、「ランプレーディ・ユニット」と呼ばれる直列4気筒16バルブを採用。この時期の高性能車では、すでにターボ過給がトレンドとなっていたのだが、絶対的パワーよりもレスポンスを重視して「コンプレッソーレ・ヴォルメトリコ」と称するルーツ式スーパーチャージャーが組み合わされることになった。

 かくして、ランチアとアバルト、そしてピニンファリーナ。3社の歴史的コラボレーションによる037ラリーは1982年4月のトリノ・ショーにてワールドプレミア。また発表とほぼ時を同じくして、FIAホモロゲート取得に必要とされる200台の量産も開始されていた。

 そして、グループB規定でのフルエントリーが開始された1983年シーズンの初戦モンテカルロにて、037ラリーはさっそく輝かしい1−2フィニッシュを果たす。さらにワークスチーム「ランチア・スクアドラ・コルセ」が擁する037ラリーは、このシーズンに宿敵「アウディ・クワトロ」との熾烈なタイトル争いを展開。その高い信頼性とドライバビリティを武器に、伝説のグループBが年間チャンピオンシップの最上クラスとして規定された最初のシーズンで、WRC製造者部門タイトルを見事に獲得して見せたのだ。

Gallery:【画像】現代に蘇った「037ラリー」とは(13枚)