ハズシのSUVフィアット「パンダ・クロス4×4」はアタリのSUVだった

カーエンスージアストの間では常に話題に上がるフィアット「パンダ・クロス4×4」を、モータージャーナリストの嶋田智之氏が日帰り700kmツーリングで試乗インプレッション。

ハズシのSUVだけれどもアタリのSUV

 こうまでSUVが幅を効かせるようになると、カテゴリーのなかに1台や2台、ちょっと欲しいモデルだとか気になるモデルが、誰の気持ちのなかにもあったりすることだろう。VAGUEの読者の間では、メルセデスのGやレンジローバー系といった、いわゆるプレミアム系の人気が高いのかも知れない。確かにGもレンジも魅力的だ。

●一番推しのSUVは「パンダ・クロス4×4」

「パンダ4×4」を、ちょっとばかりワイルドなオフローダー風味のルックスに仕立てた「パンダ・クロス4×4」

 が、僕はといえば、2021年4月に発売されたフィアット「パンダ・クロス4×4」に、ちょっとばかり気を惹かれている。モードグレーというシックだけど鮮やかなグレーのボディカラーが魅力的に感じられることがかなり後押ししているところもあるけれど、やはり決定打なのは、ベースのパンダの4駆が、実は誰もが想像するより遙かに総合得点の高いクルマであるのを知っちゃってること。全長3705mmに全幅1665mmとナリは小さいけど、なかなか侮れないクルマなのだ。同じクラス、同じ価格帯にある4WDモデルでは、コスパも断トツなんじゃないか? と思う。

 3代目パンダの4WDモデルは、限定車というカタチでこれまでも何度か日本に導入されている。パンダ・クロス4×4もその流れにあって、2020年秋にイエローのモデルが150台限定で発売され、すでに完売。ついで今度のモードグレーが導入されて、そちらも215台の限定だ。

 パンダ・クロス4×4がベースの「パンダ4×4」と決定的に違うのは、“クロス”の名前が示すとおりの、ちょっとばかりワイルドなオフローダー風味のルックスが与えられているところだろう。ヘッドランプ周りを黒で縁取り、その目元にフォグランプを埋め込み、フロントバンパーの下側にはシルバーのスキッドガードを備え、そこに左右一対の赤いトウフックを埋め込んでいる。リアバンパーもスキッドガード風のデザインとなり、コンビネーションランプもフロント同様、黒のプロテクションで覆っている。これを普通のクルマでやると後付け感たっぷりのわざとらしい感じになっちゃいそうなものだけど、そうは思わせず、ヤンチャなイタズラ坊主みたいな微笑ましさを見る人に感じさせる辺り、パンダ特有のキャラクターなのか、イタリアンデザインの妙なのか。

 でも、このスタイリングのアレンジは、単なる演出じゃなかった。アプローチアングル24度、デパーチャーアングルが34度という数値。それは通常のパンダ4×4よりそれぞれ1度ずつ高い値だ。わずかに思えるかも知れないが、走破性の向上にも繋がっているのである。ルーフレールがキャリアやボックスを取り付けやすい形状のハイトの高いものへと変わっている辺りからも、パンダ・クロス4×4がアウトドアでの時間をさらに楽しめるよう考えられたモデルであることが判る。

●イタリアでは「ジムニー」のように愛されている

イタリアンデザインの妙ともいえるコックピット

 そもそもパンダ4×4は、あくまでもパンダを基礎にしてはいるものの、単なる生活4駆とは一線を画する走破性が与えられたモデルなのだ。イタリアでは、日本のジムニーのような愛され方をしていたりもする。最低地上高はFFのパンダよりグッと嵩上げをした161mm。通常は前輪98:後輪2の駆動を送り、走行状況や路面状況に応じて駆動力の配分を瞬間的に変化させる、トルクオンデマンド式のフルタイム4WDシステム。駆動力に有利な低いギアレシオを持つ6速マニュアルトランスミッションと、アイドリング付近から粘り強いトルクを生み出すツインエア・エンジンの組み合わせ。悪路の王者ジープにはとても及ばないけれど、僕達が週末の野遊びに出掛けて足を踏み入れるぐらいの悪路なら大抵クリアできてしまうくらいの走破性は与えられている。

 しかもパンダ・クロス4×4には、従来のパンダ4×4にあった電子式デフロックのスイッチに代わり、ドライブモードのセレクターダイヤルが備わった。通常走行のための「オート」、4WDの駆動力配分のレスポンスを高め、それぞれにブレーキ制御をかけて空転を抑えるLSD的な機能も働く「オフロード」、足元の悪い下りの急坂などで自動的に細かく絶妙にブレーキを介入させて安全性を高める「ヒルディセントコントロール」の3つの走行モードを選べるよう進化した、というわけだ。

 実は3月も半ばを過ぎてから、僕はイエローのパンダ・クロス4×4で往復750km少々を走り、シーズン最後の雪景色のなかにいってきた。新型コロナウイルス感染症のおかげで真冬の一番いい時期に雪上へと突入することができなかったので、わざわざ雪の残るところを探したのだ。小さくてヤンチャなパンダが雪上ではどんなものか、以前から試してみたかったのである。

 雪が分厚く積もった路面、凍った路面、陽当たりによる雪融けでドロドロになった路面、それらのハイブリッドなど、滑りやすいところをたっぷり走って感じたのは、これ欲しいかも……だった。

Gallery:【画像】いま注目のSUV、フィアット「パンダ・クロス4×4」の魅力とは(23枚)