10年後 BMWの半分以上はEVになる!? まもなく登場する「iX」「i4」ってどんなクルマ?

独BMWは2021年5月26日、同年中に欧州市場で発売する予定の電気自動車(EV)「iX」および「i4」用のパワートレインを、ドイツ・バイエルン州にあるディンゴルフィンBMW工場で生産開始したと発表した。

SUVタイプの電動モデル「iX」は日本でも2021年中に発表予定

 独BMWは2021年5月26日、同年中に欧州市場で発売する予定の電気自動車(EV)「iX」および「i4」用のパワートレインを、ドイツ・バイエルン州にあるBMWディンゴルフィン工場で生産開始したと発表した。

まもなく欧州で登場予定のEV、BMW「iX」の走り

 iXは、4月に開催された上海モーターショーで世界初公開された最新の電動スポーツアクティビィティビークル(SAV)で、2021年後半に欧州や中国など世界の主要な市場に導入される予定だ。

 市場投入時に登場するのは「iX xDrive 50」および「iX xDrive 40」のふたつのバリエーションで、iX xDrive 50はフロントアクスルとリアアクスルにひとつずつの電気モーターを搭載し、4輪を駆動する(e-AWD)。システム全体で370kW(約500ps)の最高出力を発生、0-100km/h加速は5秒未満というパフォーマンスを誇る。バッテリー容量は100kWhを超え、一充電での走行可能距離はWLTPサイクルで600kmを超えるという。

 iX xDrive 40もフロントとリアにモーターを搭載するAWDで、最高出力はシステム全体で240kW(約300ps)。0-100km/h加速は6秒未満となる。バッテリー容量は70kWh超で、一充電の走行可能距離は400km超(WLTP値)となる。

 すでに日本でもプレオーダーを受け付けており、2021年中にも登場する予定だ。日本での車両価格は未定だが、ドイツでの車両価格はiX xDrive 40が7万7300ユーロ(日本円で約1000万円)、iX xDrive 50が9万8000ユーロ(約1275万円)とすでに発表されている。

 一方のi4は、BMW iブランドとして初となる完全電動の4ドアグランクーペモデルだ。BMW Mパフォーマンスモデルを含め2021年中にまずは欧州市場に導入されるという。まだ車両価格は発表されていない。

2021年中に欧州で登場する予定のBMW電動プレミアムセダン「i4」

 80kWhの高電圧バッテリーを採用し、WLTPモードで最大590kmの一充電走行可能距離を誇るフルEV。最大390kW(約530ps)の最高出力を発揮し、0-100km/h加速は約4秒というパフォーマンスを誇る。Dセグメントセダン、およびクーペのプレミアム市場では現在、BMW「3シリーズ」および「4シリーズ」がベンチマークとなっているが、EVに関してはi4がその役割を担うことになる。

Gallery:【画像】登場するのはどんなモデル? BMWの新型EVをチェック(29枚)