ピニンファリーナの名車が集結! イタリアの国立博物館で壮大な企画展開催

イタリア・トリノの国立博物館でピニンファリーナの名車を一堂に会した企画展が開催されている。普段はピニンファリーナ本社1階のミュージアムに展示されている貴重なクルマも見ることができる、またとない企画展だ。

クルマ好きなら生涯一度は訪れたいミュージアム

 イタリアのみならず、ヨーロッパを代表する自動車ミュージアムのひとつであるイタリア・トリノの「MAUTO」こと国立自動車博物館では、2021年5月20日から9月12日まで、名門カロッツェリア「ピニンファリーナ」をテーマとした特別企画展「LA FORMA DEL FUTURO(未来のフォルム)」を開催することになった。

 世界でもっとも有名なイタリアのデザインハウスが、3つの世代と90年以上の歴史を超えて表現してきた天才的な名作たち。あるいはスタイルと機能を高度に組み合わせたコンセプトカーたちを多数展示することによって、名門が未来へのアプローチも図ろうとしていることを示すという、実に壮大な企画展がおこなわれているというのだ。

●イタリアを代表する自動車博物館の特別企画展

ザ・スーパーカーである「BB」のデザインルーツである「P6」

 自動車文化の先進国のひとつであるイタリア。そのイタリアを代表する自動車博物館といえば、やはりトリノの「国立自動車博物館(Il Museo Nazionale dell’ Automobile)」、通称「MAUTO」の名を挙げるほかないだろう。

 イタリアのモータウン、トリノ市内を流れるポー河左岸に位置するこの博物館は、フィアット社共同設立者のひとりであるロベルト・ビスカレッティ・ディ・ルッフィア伯爵のコレクションから始まったもので、その歴史は1932年、つまり日本でいえば昭和7年にまで遡ることができるという。これは、世界でももっとも早く創立された自動車博物館のひとつとされている。

 その後、息子であるカルロ・ビスカレッティがコレクションを格段に充実させる一方、1960年には建築家アメデオ・アルベルティーニによる現在の建物が完成。中興の祖の名を冠した「カルロ・ビスカレッティ自動車博物館」として公開され、長らく世界中の自動車愛好家たちを楽しませてきた。そののち、イタリアが建国150周年を迎えた2011年には、もとの建築を生かしつつも大改装がおこなわれ、新たに「国立自動車博物館」としてリニューアルオープン。当代最新のミュージアムとして、高い人気を博している。

 トリノ・ポルタヌォーヴァ駅や、かつてのフィアット工場を改造した巨大商業施設「リンゴット」からも近い都会的な環境にあるこの巨大ミュージアムは、展示車両の数・質ともに最上級を誇る。

 もちろんこれらの常設展も素晴らしいのだが、さらに興味深いのは時々のテーマを定めた特別企画展だろう。自動車メーカー/ブランド別、あるいはイタリア自動車業界においては極めて重要な存在である「カロッツェリア」別にアイコン的なモデルたちを展示し、その足跡をたどるものである。

 そして、新型コロナウイルス禍の長いトンネルの出口がようやく見え始めたイタリアにて、MAUTOも意欲的な企画展とともに復活を高らかに宣言することになった。

 そのテーマとして指名されたのが、本来ならば昨2020年に創業90周年を大々的に迎えるはずだった名門、ピニンファリーナだったのである。

Gallery:【画像】あれもこれもピニンファリーナの作品だった!(27枚)