グレード一新! フィアット「500/500C」がさらにアイコニックなコンパクトカーへ

FCAジャパンは、フィアットのコンパクトカー「500/500C(チンクエチェント/チンクエチェント・シー)」に新グレード「Cult(カルト)」並びに 「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」を設定。2021年6月5日に販売を開始すると発表した。

新色の追加やインテリアカラーの変更により内外装をリフレッシュ

 FCAジャパンは、フィアットのコンパクトカー「500/500C(チンクエチェント/チンクエチェント・シー)」に、「Cult(カルト)」と「Dolcevita(ドルチェヴィータ)」、ふたつの新グレードを設定し、2021年6月5日に販売を開始すると発表した。

フィアット「500 Dolcevita」

 500/500Cは、愛らしいスタイリングや運転のしやすさにより、幅広いユーザーに親しまれるコンパクトカーだ。今回、新たなグレードが設定されることに伴い、従来の「1.2 Pop(ポップ)」並びに「Lounge(ラウンジ)」は、現在の在庫をもって販売終了となるという。

 新たなラインナップと車体価格(消費税込)は下記の通りだ。
・500 1.2 カルト:200万円
・500 TwinAir カルト:221万円
・500 TwinAir ドルチェヴィータ:261万円
・500C 1.2 カルト:266万円

 500/500C 1.2 カルトは、クルーズコントロールやパドルスイッチ、スピードリミッターが標準装備され、高速道路での快適性や操る楽しさが高められた。また、シートカラーおよびドアトリムカラーはブルーへと変更され、モダンな雰囲気が強められている。

 さらに、500 TwinAir ドルチェヴィータにもクルーズコントロールが標準装備され、フロントフェンダーには「Dolcevita」トリムバッジが追加されることになる。また、シートカラーはブラック/アイスの2トーンへと変更され、上質な雰囲気が高められた。

 ボディカラーは、シチリアオレンジ(500/500C カルトのみ)とポンペイグレーの2色が新たに加えられ、ボサノバホワイト、パソドブレレッドを合わせた全4色となった。

 なお、パソドブレレッド、シチリアオレンジ、ポンペイグレーについては、オプション費用(5万5000 円)が加算される。

フィアット・500 の中古車をさがす

フィアット・500C の中古車をさがす

Gallery:【画像】グレードが一新されたフィアット「500/500C」を見る(9枚)