アウディ、スーパーGT/スーパー耐久/TCRジャパンへの2020参戦体制を発表

アウディジャパンは、2020年度の「アウディ スポーツカスタマーレーシング」のチーム体制を発表した。

Audi Team Hitotsuyamaはドライバーを一新

 アウディジャパンは、「アウディ スポーツカスタマーレーシング」の2020年度の参戦体制を発表した。

#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS

 アウディスポーツとしてのモータースポーツ活動は、電気自動車によるレースシリーズ、フォーミュラEと、2019年度のシリーズチャンピオンを獲得した「アウディ RS5DTM」による、DTM(ドイツツーリングカー選手権)へのファクトリー参戦に加えて、ユーザーによるレース参戦であるアウディ スポーツカスタマーレーシングの活動が世界各国でおこなわれており、カスタマーレーシングとしては世界で750を超えるレースに参戦し、237の勝利を含む578のトロフィーを獲得した。

 アウディジャパンは2020年、そんなカスタマーレーシングプログラムを利用し、スーパーGT GT300クラスに「R8 LMS」 で参戦する2チーム2台、スーパー耐久シリーズ ST-Zクラスに「R8 LMS GT4」で参戦する1チーム1台、同シリーズST-TCRクラスに「RS3 LMS」で参戦する1チーム1台、TCRジャパンシリーズに「RS3 LMS」で参戦する2チーム2台、の合計6チーム6台のカスタマーチームをサポートする。

 スーパーGTでは、アウディジャパンとパートナーシップ契約を締結しているヒトツヤマレーシング」が、今年も「Audi Team Hitotsuyama 」(アウディ チーム ヒトツヤマ)としてGT300クラスに参戦。

 今シーズンはドライバーラインナップを一新し、Aドライバーには、アウディスポーツドライバーであるクリストファー・ミースを迎える。現在30歳のミースは、2008年からR8 LMSをドライブしており、ニュルブルクリンク24時間やバサースト12時間などでの複数の総合優勝や、ブランパンGTシリーズ、ADAC GTマスターズでのシリーズチャンピオンなど、輝かしい実績を誇るドライバーだ。

 また、BドライバーにはスーパーGTとR8 LMSでのレース経験を持つ27歳の川端 伸太朗が新たにチームに加入する。川端 伸太朗は2018年にR8 LMSでスーパーGTとスーパー耐久を戦った実績を持ち、その速さと経験が今回の起用につながった。またオーディションテストにおいても、印象的な速さと的確なフィードバックを示し、クリストファー・ミースとともにチームを牽引する存在だ。

 さらに、今シーズンのAudi Team Hitotsuyamaは、GT500やスーパーフォーミュラで活躍してきたチームルマンと業務提携をおこない、チームルマンはマシンメンテナンスやオペレーションに加え、所有するセブンポストリグによる試験などを行い、マシンのパフォーマンスアップを狙う試みだ。

 タイヤは昨年同様、ヨコハマタイヤと契約を締結。今年はヒトツヤマレーシングが本格的にレース活動を開始して30周年を迎えるため、当時のマシンに採用されていた「赤」を30thアニバーサリーカラーとして採用。真っ赤なマシンでシーズンに臨む。

 また、GT300クラスに新たにもう1台のR8 LMSが参戦。「X Works Racing」は昨年のGT300クラスをはじめ、スーパー耐久にも参戦する香港国籍のレーシングチームだ。

 人気アニメ「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」とのプロモーションタイアップにより、エヴァンゲリオン初号機をイメージしたカラーをマシンに採用する。

 Aドライバーは、アウディ スポーツカスタマーレーシングアジアの育成プログラムメンバーに選出され、ニュルブルクリンク24時間レースなどへの参戦経験ももつショウン・トン。Bドライバーはスーパー耐久などで国内レース経験をもつ、アレックス・アウのコンビとなる。

 スーパー耐久では、2017年から新設されたGT3とTCRのあいだを埋めるGT4マシンによって争われるST-Zクラスに参戦。

 投入されるマシンとなるアウディR8 LMS GT4は、R8クーペの市販車と60%以上の構成部品を共有しており、速さはもちろん安全性、耐久性、整備性が高く、コストパフォーマンスに優れていることが特徴だ。

 2019年はST-TCRクラスやアウディR8 LMS Cupに参戦していたプロレーシングドライバー、田ヶ原 章蔵をはじめ4名が、今シーズンのレースに挑む。

 また、RS3 LMSでST-TCRカテゴリーに参戦するのは、WAIMARAMA KIZUNA RACINGだ。

2017年からスーパー耐久シリーズに新設されたST-Zクラスは、GT3とTCRのあいだを埋めるGT4マシンによって争われる。Audi R8 LMS GT4は、Audi R8 Coupeの市販車と60%以上の構成部品を共有しており、速さはもちろん安全性、耐久性、整備性が高く、コストパフォーマンスに優れているという。

昨年はST-TCRクラスやAudi R8 LMS Cupに参戦していたプロレーシングドライバー 田ヶ原 章蔵はじめ4名が、今シーズンのレースに挑む。また、Audi RS 3 LMSでST-TCRカテゴリーに参戦するのは、WAIMARAMA KIZUNA RACINGだ。

 4ドアまたは5ドアで、2リッター以下のターボエンジンを搭載した前輪駆動車で争うTCRジャパンシリーズには、NILZZ Racing、Audi Team Hitotsuyamaの2チームが参戦。

 アウディジャパンは2016年来、アウディ スポーツカスタマーレーシングパーツトレーラーを全国のサーキットに配備し、レースに参戦するカスタマーチームをサポートしている。

 今年も専用トレーラーにボディ、トランスミッション、エンジン等、レース車検に適合した約2700のアイテム、約11000点の部品を積載し、いかなるレース展開にも対応できるように体制を整えて、スーパーGT、スーパー耐久、およびTCRジャパンに参戦するチームと共に国内外のサーキットを転戦する予定だ。

 また、アウディdriving experienceプログラムの一環として、アウディオーナーが実際のレースへの参戦権を得られるRace experienceをはじめ、昨年レッスン応募枠に対して、5倍近い申し込みを集めた、アウディジャパン初の女性ドライバー専用運転トレーニングプログラム、「アウディwomen’s driving experience」など、数々のプログラムのさらなる充実を図る方針だ。

※ ※ ※

 アウディ スポーツカスタマーレーシング2020体制

 SUPER GT (GT300 GT3)
 #21/Audi Team Hitotsuyama/Hitotsuyama Audi R8 LMS
 A クリストファー・ミース (Christopher Mies) B 川端 伸太朗

 #33/X Works/エヴァRT初号機X Works R8
 A ショウン トン (Shaun Thong) B アレックス・アウ (Alex Au)

 スーパー耐久(ST-Z GT4)
 #505/Audi Team AS Sport/A.T.Field Audi R8 GT4
 A 西村 元希 B 岡本 武之 C 田ヶ原 章蔵 D 藤原 能成

 スーパー耐久(ST-TCR TCR)
 #22/WAIMARAMA KIZUNA RACING/WAIMARAMA KIZUNA Audi RS3
 堀 主知 ロバート、千代 勝正、キズナ、リ・ジョンウ

 TCRジャパン(TCR)
 #7/NILZZ Racing/麻布☆ワコーズ&ENDLESS RS3 LMS
 牧野 淳

 #21/Audi Team Hitotsuyama/Audi RS 3 LMS
 篠原 拓朗

Gallery:【画像】真っ赤なR8 LMS登場!アウディの2020年モータースポーツ参戦体制を画像で見る(10枚)