アルピーヌと現代アートのコラボ! 「アルピーヌA110×フェリペ・パントン」登場

仏アルピーヌは2021年5月21日、F1モナコグランプリの会場において、アルゼンチンの現代美術家フェリペ・パントン氏によってデザインされたアルピーヌ「A110」を発表した。

限定3台が抽選販売される予定 価格は約1660万円

仏アルピーヌは2021年5月21日、F1モナコグランプリの会場において、アルゼンチンの現代美術家フェリペ・パントン氏によってデザインされたアルピーヌ「A110」を発表した。

「アルピーヌA110×フェリペ・パントン」と現代アート作家のフェリペ・パントン氏

 この新しいコラボレーションは、同年4月12日に発表されたアルピーヌF1チームとのコラボ「アルピーヌF1×フェリペ・パントン」に続くものだ。

 パントン氏は1986年アルゼンチン生まれ、スペイン育ちの現代美術家。彼はこのプロジェクトに取り組む前に、アルピーヌの歴史について長い時間をかけて研究、さらにA110をドライブしてユニークな個性を感じ取ったという。その結果、モダンでダイナミック、かつエレガントなA110の新解釈が生まれた。

 A110のボディに沿ったグラフィックラインは、クルマが止まっていてもスピード感を感じさせるもので、フェリペ・パントン氏のシグネチャーカラーである黒と白を採用している。配色や幾何学的な模様、そして光学的な効果により、A110に新たな光を当て躍動感を高めている。

 ボディの塗装には数週間を要し、すべて手作業でおこなわれたという。制作された4台のうち3台は抽選販売されるが、それぞれ微妙なグラフィックの違いがあり、一台一台がユニークな作品になっているという。

 パントン氏がデザインしたA110は、シリーズのなかでもっともパワフルな292psを発揮する「A110S」をベースにしており、3台はフランス国内で12万5000ユーロ(日本円で約1660万円。フランスの付加価値税込)で販売される予定だ。このユニークな芸術作品は、サーキット走行というよりもコレクターや美術愛好家に向けたものになる。

 パントン氏は「A110の作品に関するアイデアは、『ウルトラダイナミズム』の感覚を呼び起こすことです。視覚的なスピードは私が何年もかけて研究してきたことであり、それがこのクルマに集約されていると感じています。A110が持つ素晴らしいデザインは、高速でテクノロジーを駆使したこのエクステリアで強調されています」とコメントしている。

* * *

 アルピーヌとパントン氏のコラボレーションの成果を発表するために、F1ドライバーであるフェルナンド・アロンソ選手が「A110×フェリペ・パントン」のステアリングを握り、モナコGPコースでパントン氏と共にドライブをおこなった。

 さらにアルピーヌF1チームは、典型的なグラフィック要素を持つパントン氏デザインのボディカラーをまとったF1マシン「A521」でモナコGPを戦った。結果はE.オコン選手が9位、F.アロンソ選手が13位だった。

ルノー・アルピーヌ A110 の中古車をさがす

Gallery:【画像】世界限定3台!現代アートとアルピーヌのコラボモデルを見る(20枚)