いまジャガー「E-PACE PHEV」を購入すると家庭用充電器がタダでついてくる!

ジャガーでは日本初となるPHEVモデル「E-PACE PHEV」の受注がスタートした。20台限定のローンチエディションの魅力について紹介する。

モダンラグジュアリーを目指すジャガーのはじめの一歩

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、コンパクト・パフォーマンスSUVである「E-PACE」の特別仕様車「E-PACE PHEV LAUNCH EDITION」の受注を、2021年5月21日より開始した。

 車両価格(消費税込)は、933万4000円、限定20台の受付けとなる。

E-PACE PHEV LAUNCH EDITIONの購入特典として、ジャガー推奨の家庭用充電器(戸建て向け標準工事費用含む)が無料で付帯している

 ジャガーは現在、2030年までに完全に全車EVのラグジュアリー・ブランドとして生まれ変わろうとしている真っ只中で、ピュアEVとマイルドハイブリッド(MHEV)のふたつの柱でラインナップを再構築している。

 その一環として日本に初めて導入されるPHEVモデルが、E-PACE PHEVである。

 E-PACE PHEVは、1.5リッター直列3気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力147W/200ps)とエレクトリック・リア・アクセルドライブ(ERAD、最高出力80kW/109ps)を組み合わせたP300e PHEVパワートレインを搭載。エンジンとモーターの両方を合わせた最高出力は227kW/309ps、最大トルクは540Nmで、0−100km/h加速は6.5秒、最高速度は216km/hを発揮する。

 床下に配置されるリチウムイオンバッテリーの容量は15kWhで、200Vの普通充電に対応しており、自宅や公共施設、商業施設で充電することが可能となっている。なお、充電ソケットは洗練されたE-PACEのデザインを損なわないよう、ボディ左後方部にレイアウトされた。

 走行モードは「EVモード」、「ハイブリッドモード」、「アテインモード」の3種類から選択でき、「EVモード」では最長55kmをモーターのみで駆動するゼロエミッション走行が可能だ。「ハイブリッドモード」は状況に合わせて最適なパフォーマンスと効率的なドライビングができるよう、エンジンとモーターを自動的に切り替えて走行する。バッテリー残量が0%と表示されている場合でも、車両が全輪駆動を必要とする場合に備えて約20%の電力を残す設定になっている。

「アテインモード」では、エンジンを主動力源として使用し、バッテリー残量85%を維持、または85%となるよう充電する。70mph(112km/h)で走行した場合、約90分間でバッテリー残量は85%に到達する仕組みだ。

Gallery:【画像】日本初導入のジャガーPHEVモデル「E-PACE PHEV」のファーストエディションとは(5枚)