VW「ゴルフ」なのに650馬力のW12エンジン搭載!? 過去に登場した“史上最凶”モンスターGTIとは?

日本でも2021年6月中旬にようやくVW新型「ゴルフ」が上陸する。その後、2022年にもスポーツホットハッチの「ゴルフGTI」「ゴルフR」なども日本で発表される予定だ。そうしたタイミングのため、いまVWゴルフに注目が集まっているが、過去にはスペシャルなゴルフGTIが存在していたという。ワンオフで作られたというモンスターゴルフとはどんなものだったのだろうか。

2007年のGTIミーティングで登場した最強コンセプトモデル

 欧州でVW新型「ゴルフ」が登場したのは、2019年10月。それからおよそ1年半、ようやく2021年6月中旬に、第8世代ゴルフが日本に上陸する。

 今回、日本で発売されるグレードは3種類。1リッター直列3気筒ターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載する「eTSI Active(eTSIアクティブ)」、1.5リッター直列4気筒ターボエンジンに48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載した「eTSI Style(eTSIスタイル)」「eTSI R-Line(eTSI Rライン)」の3グレード展開になる。すでに2月から先行受注が開始されているが、車両価格に関してはまだ発表されていない。

 欧州ではすでに2020年9月に、最高出力245ps・最大トルク370Nmを発生する2リッターターボエンジンを搭載したFFホットハッチの新型「ゴルフGTI」、そして同年11月にはゴルフ史上最強となる320ps・420Nmの2リッターターボ搭載の4モーション(4WD)モデル、新型「ゴルフR」も登場している。

 これらスポーツモデルの日本導入は早くても2022年になると予想されている。

2007年に開催されたGTIミーティング「ヴェルターゼー」でお披露目されたVW「ゴルフGTI W12−650」

 ゴルフGTI W12−650は、2007年にオーストリア・ヴェルター湖畔で開催されたGTIファンミーティング、「ヴェルターゼー」でお披露目されたコンセプトカーだ。

 ヴェルターゼーは、1982年から開催されている世界最大級のオーナーズミーティングで、最初は100人程度で始まったものがいまでは20万人が集まる一大イベントに成長している。毎回、VWが特別に用意したスペシャルモデルが初お披露目されることが特徴で、それを目当てに世界中からGTIファンが駆けつける。

 2007年のヴェルターゼーで登場したゴルフGTI W12−650は、そんなGTIファンにとってはこれまででもっとも記憶に残るモデルだっただろう。このモデル、その名のとおり、650psを発生するW型12気筒エンジンを搭載したモデルだったのだ。

Gallery:【画像】650馬力の最凶VWゴルフを画像で見る(10枚)