ETC多目的利用サービス「ETCX」へ対応! ダイナースクラブカードのETCが新時代へ!

ダイナースクラブカードを発行する三井住友トラストクラブは、2021年4月28日からETCソリューションズが提供を開始した、新たなETC多目的利用サービス「ETCX」に登録可能なクレジットカードとしての対応を開始した。

新時代のETCカード

 三井住友トラストクラブは、2021年4月28日からETCソリューションズが提供している新たなETC多目的利用サービス「ETCX」に登録可能なクレジットカードとして、同社が発行するダイナースクラブカードでの対応を開始した。

ダイナースクラブカードのイメージ

 ETCXとは、車内にいながらキャッシュレス&タッチレスで即決済できるもので、有料道路はもちろん商業施設や遊園地などの駐車場、ドライブスルーやガソリンスタンド、さらにカーフェリーやEV充電スタンドまで拡大していく予定の新しいサービスだ。

 ETC2.0車載器に限らず、従来のETC車載器でも利用可能で、さらにクルマだけでなく、車載器が搭載可能な125cc以上の2輪車でも利用できる。

* * *

 ETCカードの誕生は2001年と、登場より20年の歴史を持っており、いまやその車載利用率は90%を超え、高速道路の料金所で現金払いのために生じていた渋滞も緩和された。

 そして昨今では、キャッシュレス決済の観点からも優れたETCのシステムを、もっと暮らしのなかで広く活用しようという取り組みである「ETC多目的利用サービスの拡大」も各方面で進められている。

 ETC 多目的利用サービスの拡大は、2013年6月14日に閣議決定された「世界最先端 IT国家創造宣言」のなかにおいて示された「駐車場等、高速道路以外の施設でもETC等のITS技術が利用可能となる環境を整備し、利便性の向上を図る」という方針に基づき、国土交通省の指導のもと、試行運用を進めている取り組みだ。「ネットワーク型 ETC 技術」を活用した新たなキャッシュレス決済システムとして、低コストで導入できることがメリットとなっている。

 今回、ダイナースクラブカードが「ETCX」に登録可能となることで、駐車場やガソリンスタンド、ドライブスルー式の飲食店で、安全・安心なキャッシュレス決済の拡大が期待されることになる。ETCカードはもはや、高速道路を走るためだけのものではなくなりつつあるのだ。

 なお、ダイナースクラブはビジネス向けのサービスを付加したカードを発行しており、カードに付帯できる経費決済専用カード「ビジネス・アカウントカード」や個人事業主に有用なビジネス関連のサービスを強化。「ダイナースクラブ ビジネスカード」は、ETCカードを5枚まで発行可能となっている。

Gallery:【画像】進化したETCカード! ダイナースクラブカードのイメージを画像で見る(6枚)