プラス38万円で44馬力アップ! メルセデス・ベンツ「Gクラス」ディーゼルモデルに上級グレード「G400d」登場

メルセデス・ベンツのクロスカントリービークル「Gクラス」のディーゼルモデルに、上級グレードG400dが登場した。

既存のG350dに特別なチューンを加えたG400d

 メルセデス・ベンツ日本は同社の本格オフローダー「Gクラス」に、ディーゼルエンジンモデルの新グレード「G400d」を追加し、2021年5月19日に発売した。

新たにラインナップに加わったメルセデス・ベンツ「G 400d」

 今回追加設定されたG400dは、エントリーモデルのG350dと同じく3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン「OM656」を搭載している。しかし、ソフトウェアとドライブトレインの調整により最高出力330馬力・最大トルク700Nmを実現。

 G350dから最高出力は44馬力、最大トルクは100Nm向上している。

 G400dの車両価格(消費税込、以下同様)は1289万円で、G350d(1251万円)と比べ38万円高となる。

 機能装備はG350dと同様だが、G350dが右ハンドルのみの設定となる一方、G400dは右ハンドルに加え左ハンドルの設定もある。
 
 外装色は、G350dの選択可能色に加えて12色の外装色(オプション)が選択可能。さらに幅広い内装色と特別感を高める装備が選択できる「G manufaktur プログラム」の対象モデルで、ユーザーの好みに合わせた1台に仕上げることが可能となっている。

・「Gクラス」車両価格
 G350d:1251万円
 G400d:1289万円
 G550:1705万円
 AMG G63:2218万円

* * *

 Gクラスは1979年の誕生以来、基本的なデザインや堅牢なボディはそのままに、パワートレインや装備など時代にあわせて進化を続けてきた。

 直近では2018年に大きな改良がおこなわれており、ラダーフレームが刷新されたほか、新開発サスペンションを採用。ねじり剛性を向上させつつボディを約170kg軽量化するなどの改良により、走行性能の向上などを実現している。
 
 この価格帯の車両ながら前モデル同様根強い人気があり、JAIA(日本自動車輸入組合)が発表する「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の数位」を見ると、2019年7~9月にGクラスは15位に登場。
 
 その後も2020年4月から6月で14位、2020年7~9月で20位に、2021年1月から3月で17位になっている。

メルセデス・ベンツ・Gクラス(ゲレンデヴァーゲン) の中古車をさがす

Gallery:【画像】チューニングされたディーゼル仕様を見る!