カワイイ顔して高額車両! バブルカーは小さくても1000万円オーバー確実

可愛らしいバブルカーは台数が少ないため、非常に高額で取引されている。このことを証明する1台が海外オークションに出品されたので紹介しよう。

1000万円オーバーは確実のバブルカーとは?

 Tg500に搭載されるエンジンは、493ccの直列2気筒2ストロークだ。したがって2ストロークのガソリン用混合燃料を必要とする。

 最高出力は19.5ps、最大トルクは33.2Nmであるから、実用的には十分な性能を持っていたと評価してよいだろう。ちなみに当時発表されたデータによれば、最高速は126km/h、0−100km/h加速は27.8秒を記録したという。

●1958 F.M.R.「Tg500 ‘TIGER’」

リアにエンジンを搭載し、その前方にドライバーとパッセンジャーはタンデムで乗車(C)2021 Courtesy of RM Sotheby’s

 今回RMサザビーズのアメリア・アイランド・オークションに出品されるモデルは、1958年式のTg500である、特徴はクロームトリムとリアフェンダーストーンガードがアクセントとなっている点で、ボディはフェンダーもすべてホワイトカラーで仕上げられている。

 このほか、F.M.R.のホイールキャップ、デュアルサイドミラー、スライディングウインドウ、クラッシックな「チーズディッシュ」ガラスバブルルーフ、リアマウントトランクラックなどが装備されている。

 キャビンはふたり乗りで、シートカラーはブルーで白いパイピングが施されており、ウッドトリムが効果的なアクセントとなっている。ダッシュボードにはVDO製の計器が備わり、航空機スタイルのステアリングホイールが際立つ。

 F.M.R.──正確には、Fahrzeug und Maschinebau GmbH Regensburg社は、最終的にこのTg500を320台ほど生産したとされるが、現存するのは150台程度である。

 自動車の歴史を振り返るなかで、間違いなくひとつの時代、そしてクラスを作り上げたマイクロカー。参考までにRMサザビーズが示したエスティメート(予想落札価格)は12万5000−16万5000ドル(邦貨換算約1350万−1780万円)。この高値を理解する落札者は、はたして現れるのか要注目である。

Gallery:【画像】小さくても1500万円もの値がつく「バブルカー」とは(35枚)