「ルオーと日本」展 4月11日からパナソニック汐留美術館で開催

東京・汐留にあるパナソニック汐留美術館では、2020年4月11日から6月23日まで「ルオーと日本展 響き合う芸術と魂 − 交流の百年」を開催する。

日本ゆかりのルオー作品が多数集結

 東京・汐留にあるパナソニック汐留美術館では2020年4月11日から6月23日まで、「ルオーと日本展 響き合う芸術と魂 − 交流の百年」を開催する。

ジョルジュ・ルオー《ピエロ》1925年  油彩/紙 個人蔵(ギャルリーためなが協力) (c)ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2019 E3556

 日本の近代の芸術家たちに影響を与え、現代においてもなおその作品が人々を惹きつけてやまないフランスの画家、ジョルジュ・ルオー(1871−1958)。

 今回の展覧会では、ルオーと日本との知られざるつながりに、日本ゆかりのルオーの作品と関連資料、そして日本の近現代作家たちの作品をとおして迫るものだ。

 ルオーの作品をパリで見て衝撃を受けた梅原龍三郎は、パリ再訪時にルオーの「裸婦」(1908年)を購入し、1921年に帰国する。以降、1920年なかばから1930年代なかばにかけて、ルオーの作品は立て続けに日本に紹介され、その力強い線や輝くような絵肌(マティエール)は、日本の洋画界に少なからず影響を与えた。

 一方ルオーは、かねてより日本美術に関心を寄せ、錦絵の模写作品も残している。また1929年にはコレクター福島繁太郎のパリの家を自ら訪問し、福島の家で製作に励むなど、日本の芸術からと親交を結んでいる。

 展覧会では、こうしたルオーと日本との物語性豊かな接点に注目しつつ、日本で称賛されてきたルオーの油彩画/水彩画/版画と、梅原龍三郎や松本竣介、三岸好太郎など日本の近代洋画を代表する画家たちによる作品を展示しながら、ルオーが日本の洋画史に果たした役割や、我が国におけるルオーの評価の特異性を浮き彫りにする。

 日本に初めてもたらされたルオー作品「裸婦」や、1953年の大回顧展で愛でられた「クマエの巫女」(1947年)など、日本にゆかりのあるルオー作品の数々を展示。

 また白隠慧鶴(はくいんえかく)や富岡鉄斎の書画、船越保武、村上友晴、マコト フジムラといった、ルオーのあとの世代の作家や現代作家の作品を出品。時代や芸術ジャンルを超えるルオーの芸術性の普遍性も紹介。日本をキーワードに、国内外より出品される80点の作品と書簡などの関連資料をとおして、ルオー芸術の新たな側面に光を当てる展覧会となる。

ジョルジュ・ルオー《日本の武士(武者絵)》1928年頃 墨、パステル、精油で溶いた油彩/紙 個人蔵 (c)ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2019 E3556

開催概要

タイトル:「ルオーと日本展 響き合う芸術と魂 − 交流の百年」
会場:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1−5−1 パナソニック東京汐留ビル4F 
会期:2020年4月11日(土)から6月23日(火)
休館日:毎週水曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)
開館時間:10:00から18:00(5月8日、6月5日は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
入場料:一般1000円、65歳以上900円、大学生700円、中・高校生500円、小学生以下無料
※20名以上の団体は100円割引
※障がい者手帳を提示、および付添者1名まで無料
※5月18日(月)国際博物館の日はすべての人が入館無料

Gallery:【写真】日本ゆかりのルオー作品と日本近代洋画を代表する画家の作品を見る(7枚)