リシャール・ミルとマクラーレンのコラボウォッチ完成! 「スピードテール」にちなんで106本限定

最高速度400km/hオーバーのマクラーレン「スピードテール」にインスパイアを受けたリシャール・ミルの最新作が登場。

「スピードテール」の生産台数と同じ106本限定時計

 リシャール・ミルは、マクラーレン・オートモーティブとの5年目のパートナーシップにあたり、最新かつもっとも野心的なコラボレーション「RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテール」を発表した。

 この「スピードテール」にインスパイアを受けた時計は、スピードテールの生産台数106台にちなんで、106本の限定生産となる。

リシャール・ミルがマクラーレン・オートモーティブとの5年目のパートナーシップにあたり製作した「RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテール」

 スピードテールは、マクラーレンがこれまでに手がけた最速かつもっとも完成度が高く、そしてもっとも卓越したロードカーである。

 自然界に存在するフォルムからインスピレーションを受け、空気力学的に効率的なティアドロップ形フォルムを取り入れたスピードテールは、マクラーレン アルティメット シリーズ第3弾の3人乗りのグランドツアラーだ。

 スピードテールは1070psのハイブリッドパワートレインを搭載し、最高速度402km/hをマーク。この最高速に到達するためのマクラーレンの空気力学に対する絶え間ない探究が、RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールの設計の出発点となっている。

●スーパーカーと時計の共通点とは

 マクラーレン・オートモーティブのデザインディレクター、ロブ・メルヴィル氏は、ふたつのブランドが理想的なパートナーである理由を、RM 40-01が見事に体現しているとコメントしている。

「重量を軽くすること、振動の影響を減らすこと、抵抗を最小限にすることなど様々な問題に取り組む姿勢は、両社の大きな共通点でしょう。

 RM 40-01の設計に際し、スピードテールの特徴とその背後にあるフィロソフィーを共有するべく、多くの情報を提供しました。スピードテールにおいては、芸術作品のようなクオリティを持つクルマの製造を目指していました。それはRM 40-01にも確実にあらわれています。妥協のないデザインや素材、フィニッシングにおいて、スピードテールの様々なディテールを本当に美しく反映しています」

 リシャール・ミルのテクニカルディレクターのジュリアン・ボワラ氏は、RM 40-01について次のようにコメントしている。

「スピードテールのティアドロップのフォルムからインスピレーションを得ただけでなく、既存のリシャール・ミルとマクラーレンの各パーツをシームレスに組み合わせるという課題にも直面しました。

 このウォッチは、リシャール・ミルで最高レベルの仕上げを施しています。面取り加工職人や研磨職人とも多くの研究開発をおこないました。

 さまざまなパーツの鏡面仕上げ、ブラスト仕上げ、サテン仕上げ、およびチタンとカーボンTPTの組み合わせなど、ディテールへのこだわりは格別です。ケース自体は69個のパーツで構成されています」

 それでは次のページで、RM 40-01 オートマティック トゥールビヨン マクラーレン スピードテールのディテールと開発過程について詳しく解説しよう。

Gallery:【画像】「スピードテール」とリシャール・ミルのウォッチを見比べる!(12枚)