ジャガー「XE」にディーゼルMHEVが新たに追加 大本命は634万円から

ジャガー「XE」に、ディーゼルエンジン搭載のMHEVが加わり、新グレードの「R−DYNAMIC BLACK」が追加された。

ジャガー「XE」にMHEVモデルが加わった

 ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、スポーツ・サルーン「XE」の2021年モデルの受注を2021年5月11日より開始した。

 2021年モデルのXEのトピックは、MHEVモデルを新たにラインナップしたことと新グレードの追加の2点である。

新たに2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)がジャガー「XE」に加わった

 まずXEの2021年のエンジンラインナップを見てみよう。新たに2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(MHEV)を加え、従来の2リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P250、P300)と合わせて、3種類のパワーユニットとなった。

 2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンは、最高出力204ps、最大トルク430Nmを発揮する。

 新グレードの「R−DYNAMIC BLACK」は、「R−DYNAMIC SE」(P250、P300)をベースとしており、外観をブラックパック、ブラックホイール、ラゲッジリッドスポイラー、ブライトメタルベダルなど黒で引き締めた仕様となっている。

 新グレードのボディカラーは、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、フィレンツェレッド、アイガーグレイ、ブルーファイヤーブルーの全5色から選択可能だ。

 XEは、3種類のエンジンに新グレードそして全輪駆動と後輪駆動との組み合わせにより、全9機種展開となった。

* * *

 2021年モデルからインテリアは英国のクラフトマンシップが細部にまで反映されることになった。

 スプリットリムステアリングホイールのデザインをアップデートしたほか、ヘッドレストにはエンボス加工されたジャガーのリーパーロゴが施されている。

 さらにシートは、快適性を追求して形状を見直して、「R-DYNAMIC」グレードにはクリケットボールを思わせるステッチが採用されている。

 また、最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備。同じく3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングエイド、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システムも標準装備となった。

 2021年モデルのジャガーXEのラインナップと車両価格(消費税込)は次のとおりだ。

●2リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力:204ps 最大トルク:430Nm
・XE R-DYNAMIC S D200/634万円

●2リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:250ps 最大トルク:365Nm
・XE S P250/569万円
・XE R-DYNAMIC SE P250/621万円
・XE R-DYNAMIC HSE P250/676万円
・XE R-DYNAMIC BLACK P250/653万円

●2リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:300ps 最大トルク:400Nm
・XE R-DYNAMIC S P300/645万円
・XE R-DYNAMIC SE P300/688万円
・XE R-DYNAMIC HSE P300/742万円
・XE R-DYNAMIC BLACK P300/720万円

Gallery:【画像】ドライバー支援システムも充実したジャガー「XE」(11枚)