メルセデス「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」登場! 人気オプション満載のSUV

メルセデス・ベンツ日本は2021年5月12日、メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUV「GLC」および「GLC クーペ」の特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」を発表し、予約注文の受付を開始した。

人気のオプション機能を標準装備しつつ、魅力的な価格を実現

 メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズ SUV「GLC」および「GLC クーペ」の特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」を2021年5月12日に発表し、同日より予約注文の受付を開始した。

GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition

 GLCは、メルセデス・ベンツのベストセラーモデル「Cクラス」と同等の安全・快適装備を備えるとともに、SUVならではの高いアイポイントや、同セグメントでは低い重心による乗用車のような乗り心地と、取り回しの良さを合わせ持つプレミアムミドルサイズSUV。そしてGLCクーペは、GLCと同等の走行性能、利便性を実現しながら、クーペとしてのスタイリッシュなフォルムとSUVらしい存在感を両立させたSUVクーペである。

 なお、2019年にGLC、およびGLCクーペは、プレミアムSUVとしての特性はそのままに、内外装のデザインが一新され、対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツユーザー エクスペリエンス)」と最新の安全運転支援システムが採用されている。

 そして今回発表されたGLC 220 d 4MATIC Sports Line Editionには、GLC 220 d 4MATICをベースに、スポーティなエクステリアを演出するAMGスタイリングパッケージ(フロント、リア)や、19インチAMG5ツインスポークアルミホイールが採用されている。

 インテリアにはスタイリッシュなデザインと視認性に優れたディスプレイが特長の12.3インチコックピットディスプレイを装着するとともに、ARTICO素材を用いたブラックのシートを標準装備。インテリアトリムにもブラックアッシュウッドが採用され、ブラックに統一された落ち着いた室内空間に仕上げられた。

 さらに空気清浄機能とくつろぎをもたらす香りを放つパフュームアトマイザー、活性炭を用いた強化フィルターエレメントや高密度花粉フィルターにより、クリーンな室内空間を実現するエアバランスパッケージも標準装備。パフュームアトマイザーはON/OFFや香りの濃さも調整可能となっている。なお、パフュームは、短時間で消える芳香が使用されているため、内装や衣服に香りが移る心配はない。

 また、GLC 220 d 4MATIC Sports Line EditionとGLC 220 d 4MATIC Coupe Sports Line Editionには、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される、走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」を適用。メルセデス・ケア期間中には、希望のモデルを3回無料で利用することが可能な週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用することが可能だ。

 さらに、メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間、一般保証修理、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートを利用できる有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス」も設定されている。

 車両価格(消費税込)は、GLC 220 d 4MATIC Sports Line Editionが741万円、GLC 220 d 4MATIC Coupe Sports Line Editionが769万円。カスタマーへの納車時期は、2021年5月下旬頃が予定されている。

Gallery:【画像】メルセデス・ベンツのプレミアムミドルサイズSUVの特別仕様車「GLC 220 d 4MATIC Sports Line Edition」を画像で見る(5枚)