ジープとフィアットが過去最高販売を更新! 好調の秘訣は限定モデルにあり

FCAジャパンのジープ、フィアット、アバルト、アルファ ロメオが好調だ。オールニューの新型車が投入されているわけではないのに、なぜFCAの4ブランドの好調な販売が続いているのだろうか。

根強い人気の「パンダクロス4×4」

 FCAジャパンが取り扱うジープ、フィアット、アバルト、アルファ ロメオの4ブランド合計の2021年4月の販売台数は1743台となり、前年から69%増を記録した。

 これは、49%の伸びに復調した輸入車市場をさらに20%上回る好業績となり、その結果、輸入車市場でのシェアは10.6%と躍進。4月はジープとフィアットがともに過去最高販売を更新、他2ブランドも好調を維持したことで、FCAジャパン全体も過去最高を打ち立て、昨年10月からの更新記録を7か月連続に伸ばす結果となった。

ジープの好調を支えた「レネゲード80thアニバーサリーエディション」

 4月の好業績を支えた理由は、FCAジャパン全ブランドが好調であったことに尽きる。

 なかでもアルファ ロメオは、昨年導入した新グレードが引き続き好調で、昨年と比較して2.2倍の販売となった。

 さらにジープでは「レネゲード80thアニバーサリーエディション」が販売を押し上げ、フィアットでは安定した人気の500シリーズ限定車「500 Eleganza」に加え、限定車「パンダクロス4×4」が導入され、販売を後押しする結果となった。

 新規の取り組みとしては、アバルトで「Make Your Scorpion」プログラムが導入され、新色マットブルーが595シリーズに期間限定で設定されたことで、昨年より1.5倍多い来店数を呼び込むことに成功。

 FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・ヘグストロムは、4月の好業績について次のようにコメントしている。

「2021年は単月で2度も10%を超える市場シェアを獲得してきましたが、4月はそれを上回る結果で、今年最高でした。

 全ブランドにおいて市場を大きく上回る伸びを記録し、第2四半期をこのような素晴らしい形でスタートできたことを嬉しく思います。この勢いが止まる理由は見当たりませんので、5月にも期待しています」

Gallery:【画像】好調な販売台数をマークしたFCAを支えたクルマとは(18枚)