BMWがベンツに吸収合併される!? 危機を救ったノイエクラッセ「1500」誕生から60周年

ドイツを代表する自動車メーカーBMWであるが、第二次世界大戦後には経営難からダイムラー・ベンツに吸収合併される危機にあった。それを救ったのが「ノイエクラッセ」といわれる「1500」であった。

BMWはベンツに吸収合併寸前だった

 2021年、自動車史上に冠たる名作、あるいはエンスージアストの記憶に残るクルマたちが、記念すべき節目の年を迎えることになった。

 かの名作、3シリーズとともに長らくBMWの基幹モデルとして君臨してきた5シリーズの起源である「ノイエ・クラッセ」、BMW「1500」もそのひとつ。1961年のデビューから、今年で60周年を迎えた。

 今回は、われわれVAGUEでもその誕生にまつわるストーリーを紹介することで自動車史に輝く1台への敬意を表することにしたい。

●BMWの窮状を救った傑作ミドルサルーン

BMWの経営難を救った「1500」

「Neue Klasse(ノイエ・クラッセ)」。このドイツ語の言葉をそのまま英訳すれば「ニュークラス」となる。このキャッチフレーズのもと、1961年9月に開催されたフランクフルト・ショーに1500が登場するまでのBMWは、まさに「新しいクラス」、そして新しい価値を求める苦悩の真っ只中にあった。

 しかし、そののち訪れたノイエ・クラッセ、あるいはその発展版ともいうべき「2002」の大成功が、結果的にはBMWに、あるいは世界のサルーンに計り知れないほどの大きな影響をもたらすことになったのは、BMWファンならばよくご存知のことだろう。

 60年前に登場したBMWの名車たちは、同時代の常識を凌駕する高性能とドイツ製の面目躍如となる素晴らしい品質をもって、当時のサルーンのグローバルスタンダードを大幅に引き上げたのである。

 第二次世界大戦が、未曾有の悲劇とともに終結して間もない頃、西側に残ったBMW社は、戦争の惨禍とその後の経済危機によって貧困に喘いでいた欧州の経済状況を顧みない、ある意味無謀とも取れるような高級化路線を推進。「501/502-V8」などの高級サルーンを次々と送り出して、手痛い失敗を喫してしまう。

 さらに、この失地を回復せんとばかりに打ち出した高級スポーツカー「503/507」の営業的失敗がBMWの台所事情に重大な打撃を与えていたのは、1500リムジーネ登場のわずか数年前、1950年代末頃のことであった。

 このとき会社は破綻の一歩手前と見られ、西ドイツ政府主導でダイムラー・ベンツ社との吸収合併計画も進められていたという。

 ここで登場するのが、現在もなおBMW社の筆頭株主であるクヴァント家である。そして同ファミリーの資金援助を得たBMWは、イセッタ系と同じく2輪車用フラットツインを搭載したスタイリッシュな小型車「700」シリーズをヒットさせ、ようやく復活の兆しを見せ始めることになる。そして、BMW首脳陣が次なる手立てとしたのが、革新的な中型サルーン1500だったのだ。

 BMWが1500のために新規開発したパワーユニットは、戦後独立を期して一度はBMWを去ったものの、結局は夢敗れて復職していたエンジニア、アレクサンダー・フォン・ファルケンハウゼンが、その再起をかけて設計したもの。

 ノーズを低めるとともに整備性の向上のため30度左傾された水冷直列4気筒1499ccエンジンは、軽合金製SOHCヘッドで燃焼効率の高いクロスフローを採用し、もっとも低いチューンでも80psを達成していた。さらに、排気量の拡大やレーシングチューンの可能性も開発当初からしっかり見込まれていたという。

 加えて、この高性能エンジンをフロントに左傾して搭載、リアを駆動するというレイアウト、あるいは前:マクファーソン・ストラット/後:セミ・トレーリングアームの4輪独立サスペンション、高剛性のモノコックボディなどの基幹テクノロジーは、21世紀を迎えた現代のクルマとしても、なんらの言い訳もなく通用するものといってよいだろう。

 一方、4ドアのルーミーかつフレッシュなボディは、そのデザインについて公式には何らの言及はされていないものの、700シリーズと同じくイタリアのジョヴァンニ・ミケロッティの手によるものとみられている。

Gallery:【画像】現在の5シリーズのルーツである「1500」とは(15枚)