1億4000万円!! 「SLS AMG」のEVモデルは9台しかデリバリーされなかった

ガルウイングで一斉を風靡したメルセデス・ベンツ「SLS AMG」に、EVモデルが存在した。たった9台のみがデリバリーされた「SLS AMG E-CELL」とは、どのようなクルマだったのだろうか。

現在のEQシリーズへと繋がるSLS AMGのEVモデル

 AMGの完全自社開発による「SLS AMG」が発表されたのは、2009年のフランクフルト・ショーでのことだった。

 往年の「300SL」の如きガルウイングドアを採用したこのスーパースポーツは、ある意味では300SLへのオマージュだったのかもしれないが、実際その中身は、当時の最先端技術を駆使した世界でもっとも先進的なスーパースポーツであったともいえる。

●2013 メルセデス・ベンツ「SLS AMG E-CELL」

蛍光イエローのボディカラーは、メルセデス・ベンツ「SLS AMG E-CELL」のイメージカラーだ(C)2021 Courtesy of RM Sotheby’s

 搭載されたエンジンは、ドライサンプ化された6.2リッターV型8気筒自然吸気で、最高出力は571ps。このエンジンで乾燥重量1620kgの車体を、わずか3.8秒で0−100km/h加速し、最終的には317km/hの最高速に到達させようというのだ。

 さらにSLS AMGのプレスコンファレンスでは、魅力的な未来への提案が宣言された。

 2009年といえば、まだEVはおろか、HV、PHEVにも多くのプロダクトは存在せず、またそれらの多くが環境や経済性といったエコロジーを象徴する言葉であった。

 だがメルセデスAMGは、この段階で将来SLS SMGに4モーター方式のEVを追加設定するという、きわめて戦略的なプランを掲げてみせたのだ。

 発売は当時の発表によれば2013年となっている。このエレクトリック・モーターで駆動力を得るAWDのスーパースポーツの最高出力は533ps相当とされた。

 このスーパースポーツは「SLS AMG E-CELL」とネーミングされ、開発に約4年という期間を要した。

Gallery:【画像】世界に9台のみ販売された「SLS AMG E-CELL」とは(25枚)