人気絶好調のホンダ新型「ヴェゼル」は世界レベル!? 輸入コンパクトSUVと比べてみた

2021年4月22日に発表、23日に発売されたホンダ新型「ヴェゼル」。7年ぶりのフルモデルチェンジで2代目へと進化したモデルだが、いま日本だけでなく世界中で人気のあるBセグメントSUVと呼ばれるジャンルになる。そんな新型ヴェセルのライバルとなる輸入車は何になるのか。比較してみた。

世界的にヒットしたヴェゼルが7年ぶりにフルモデルチェンジ

 2021年4月にホンダから登場した新型「ヴェゼル」。近年、世界的にSUVがブームになっているが、そうした流れのなかでも日本では、とくにコンパクトなモデルへの注目度が高まっている。

 今回はそんなヴェゼルと、そのライバルとなる輸入コンパクトSUVを紹介しよう。

2021年4月22日に発表、23日に発売されたホンダ新型「ヴェゼル」

 ヴェゼルは「フィット」と同じセンタータンクレイアウトを採用するBセグメントSUVだ。

 初代が2013年に登場して世界的なヒットモデルとなり、その後、数多くのライバルが誕生している。現在の世界的なコンパクトSUVブームの盛り上がりに大きく貢献してきたモデルのひとつといえよう。

 今回登場した第2世代も、やはり先代と同様にセンタータンクレイアウトを踏襲している。ただし、寸法は全長4330mm×全幅1790mm×全高1590㎜と、Bセグメントとしては大柄であり、Cセグメントに肉薄している。この寸法自体が、新型ヴェゼルの特徴のひとつとなる。

 パワートレインは、1.5リッター直列4気筒自然吸気ガソリンエンジンと、1.5リッターエンジンを使う「e:HEV」と呼ぶハイブリッドの2種類。

 エンジンの出力は最高出力118馬力・最大トルク142Nmで、WLTCモード燃費は最高17.0㎞/L。ハイブリッドは、ほぼ全域をモーター駆動で賄い、高速走行の一部でエンジンパワーも使うという方式だ。モーターは最高出力130馬力・最大トルク253Nmを誇る。

 ハイブリッドのトルク感は、2.5リッターエンジンに相当するとイメージすればいいだろう。また、特別なのはエンジン車だけでなく、ハイブリッドもプロペラシャフトを使う機械式の4WDを用意していること。最近の流行である後輪をモーター駆動する方式ではなく、オーソドックスな方式を採用したのだ。

 機械式4WDは燃費性能的には不利だが、悪条件下の信頼性という点では上回る。日本だけではなく、グローバルカーとして、過酷な状況に対応できる有利さを選んだのだろう。

 安全安心のための先進運転支援システム「ホンダ・センシング」は、昨年にフルモデルチェンジしたフィットと同様の最新世代のシステムとなっている。広角カメラとソナーを使うシステムで、衝突被害軽減自動ブレーキをはじめ、ACC(渋滞追従機能付きアダプティブ・クルーズ・コントロール)をはじめ、ステアリングアシスト機能や前後の誤発進抑制機能などの機能が揃っている。

 新型ヴェゼルの車両価格は、モノグレードのガソリンエンジン車が227万9200円(FF。消費税込、以下同)と249万9200円(4WD)。3グレード展開となるハイブリッド車が265万8700円から329万8900円となっている。

Gallery:新型「ヴェゼル」とライバル輸入コンパクトSUVを画像でチェック(40枚)