1000馬力! フェラーリ初PHEVスパイダー「SF90ストラダーレ」はゲームチェンジャーになるか!?

フェラーリ初となるPHEVスパイダーが、ついに日本に上陸。改めて「SF90ストラダーレ」がどのようなクルマであるのかを解説する。

トータル1000馬力の怒涛の加速力

 ドライバーが簡単にドライブモードを選択できるマネッティーノは、SF90スパイダーでもステアリング上に備えられている。そのモードは「eドライブ」、「ハブリッド」、「パフォーマンス」、「クオリファイ」の4種類。eドライブをチョイスすると、容量7.9kWhのバッテリーのみで最長約25kmのEV走行、すなわちゼロエミッション走行が可能になる。

フェラーリ初のPHEVスパイダー「SF90スパイダー」

 電子制御トラクション・コントロール(eTC)、トルクベクタリング、ブレーキ・バイ・ワイヤ・コントロールなどから構成されるビークル・ダイナミクスの制御は、基本的にはSF90ストラダーレのそれと同様だ。

 ハイブリッド・システムの搭載による270kgの重量増にも関わらず、車両重量を1670kgに抑えた取り組みが、ビークル・ダイナミクスにも大きく貢献していることは、いうまでもないだろう。0−100km/h加速2.5秒、0−200km/h加速7秒ジャストというタイムはその証明でもある。

 さらにサーキット走行にフォーカスしたモデルを求めたいオーナーのために、クーペのSF90ストラダーレと同様に、最適化されたマルチマチック・ショックアブソーバーを備えるほか、さらに21kgの軽量化を果たした「アセット・フィオラーノ・パッケージ」も用意されている。

 SF90スパイダーのルーフは、もちろん耐久性に優れたRHT(リトラクタブル・ハード・トップ)を採用した。開閉時間はわずか14秒で、走行中でもその稼働は可能だという。クローズ時にはクーペのストラダーレと同様に、スポーティであると同時にエレガントの一語に尽きるデザインだ。

 さらに車両のテール部に装備される特許取得済みのデバイス「シャットオフ・ガーニー」など、新しいエアロデバイスが採用されているなど、機能面においてもその進化は大きい。

 フェラーリが語るとおり、まさに彼らのテクノロジーの頂点を極めたともいえるSF90スパイダー。日本での車両価格は5856万円からとなっているが、そのオーダーリストは、すでに多くのカスタマーの名前で埋め尽くされていることだろう。

Gallery:【画像】フェラーリ「SF90スパイダー」のディテールをチェック!(33枚)