実走800kmのレクサス「LFA」が出品! 5000万円オーバーのプレ値がつくか

日本が世界に誇ったレクサス「LFA」の新車同然の個体がオークションに登場。新車価格をはるかに上回る驚愕の予想落札価格とは?

500台限定の日本が世界に誇るスポーツカー

 2021年5月22日に開催が迫ったRMサザビーズの「アメリア・アイランド・オークション」には、日本が誇るスポーツカーも出品車として登場する。当時のトヨタがトップダウンで開発を進めたレクサス・ブランドのピュア・スポーツ「LFA」である。

●2012 レクサス「LFA」

実走行800km未満という新車のようなコンディションのレクサス「LFA」(C)2021 Courtesy of RM Sotheby’s

 プロダクションモデルのLFAが正式に発表されたのは、2009年の東京モーターショーであった。

 日本でのオーダーは2010年1月中旬まで続けられ、最終的には2012年12月までの約2年間に500台の生産がおこなわれた。

 ちなみに車名のLFAは、後に「Lexus F Sports Apex」と正式には改称されているが、これはレクサスのスポーツモデルであるFシリーズのさらに頂点を極めたモデルであることを強くアピールするためのものだった。

 それほどに力の入ったスポーツモデルだけに、LFAには技術的にもさまざまなトピックスがある。

 独自開発された炭素繊維強化プラスチック(CFRP)キャビンの採用や、同様にCFRPの成型工程によってシャシ構造の65%を構成し、重量を100kg軽量化したことなどは素材面における典型的な例であろう。

 LFAの開発チームはまた、炭素繊維と金属部品を結合するための高度な接合技術も開発している。そしてそれはLFAのみならず、その後誕生するレクサス車にも幅広く展開されているのである。

Gallery:【画像】新車のようなレクサス「LFA」の極上コンディションとは(32枚)