「MINIクロスオーバー」にガソリンエンジン搭載のエントリーモデル追加! 395万円から

ビー・エム・ダブリューは2021年5月7日、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを中心とする「MINI Crossover(MINI クロスオーバー)」に、ガソリンエンジン搭載の新型「MINI Crossover Buckingham(MINIクロスオーバー・バッキンガム)」を追加、販売を開始した。納車は同年5月中旬以降を予定している。

1.5リッター直列3気筒ガソリンエンジンは102馬力・190Nmを発生

 ビー・エム・ダブリューは2021年5月7日、クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを中心とする「MINI Crossover(MINI クロスオーバー)」に、ガソリンエンジン搭載の新型「MINI Crossover Buckingham(MINIクロスオーバー・バッキンガム)」を追加、販売を開始した。納車は同年5月中旬以降を予定している。

MINIクロスオーバーの走り

 ラインナップに追加されたMINIクロスオーバー・バッキンガムは、最高出力102ps/3900rpm・最大トルク190Nm/1380−3600rpmを発生する1.5リッター直列3気筒ガソリンターボエンジンを搭載する、MINIクロスオーバーのエントリーモデルになる。WLTCモード燃費は13.7km/Lだ。

 エントリーモデルながら人気の高い新型マルチディスプレイ・メーターパネル、ドライビングアシスト、リアビューカメラ、パーキングアシストなどを標準装備し、充実した装備内容となっている。

 また専用品として、MINIらしいユニオンジャックをモチーフとした専用デザインのサイドスカットルを装備し、特別感を演出している。

 車両価格は395万円(消費税込み)。右ハンドル仕様のみとなる。

* * *
 
 MINIクロスオーバーは、2011年にMINI4番目のモデルとして、これまでのラインナップからは一線を画すプレミアムコンパクトSAV(スポーツ・アクティビィティ・ビークル)として誕生、2017年に2代目に進化した。そして2020年秋にはおもにエクステリアデザインを洗練させるとともに機能性を向上させるマイナーチェンジをおこなっている。

 全長4315mm×全幅1820mm×全高1595mm、ホイールベース2670mmというボディサイズだ。

●MINIクロスオーバー・バッキンガムの主な装備品
 
・専用サイドスカットル
・専用リアステッカー
・メタリックペイント/ボディカラー・ルーフ&ミラーキャップ
・ルーフレール
・16インチ リヴォレットスポークシルバー
・クロスファイヤーワーク カーボンブラック
・スポーツレザーステアリングホイール
・インテリアサーフェス ヘイジーグレー
・オートマチック オペレーションテールゲート(イージーオープナー機能付)
・コンフォートアクセス
・フロント&リア アームレスト
・ストレージ コンパートメントパッケージ
・自動謗防眩ルームミラー
・LEDヘッドライト(コーナリングライト付)
・ナビゲーションシステム
・マルチディスプレイ メーターパネル
・ドライビングアシスト
・アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)
・MINIコネクテッド(有効期間3年間)
・ドライビングアシスタントパッケージプラス
・リアビューカメラ、パーキングアシスト/PDCフロント&リア

Gallery:最新型MINIクロスオーバーを画像でチェック(17枚)