フェラーリ最新「812コンペティツィオーネ」は6500万オーバー! 999台限定で受注スタート

フェラーリ「812」シリーズのリミテッドエディションの名前が発表された。その名も「812コンペティツィオーネ」。さらにオープンモデルの「812コンペティツィオーネA」も同時にワールドプレミアとなった。

フェラーリとしては珍しい2台同時発表!

 すでにオフィシャルの画像が公開されていた1台のニューモデルによるフィオラノ・サーキットでのホットラップから、今回のワールドプレミア・イベントは始まった。

 フィオラノという地名からも分かるとおり、2021年5月5日(現地時間)ニューモデルを発表したのはフェラーリである。それは現行の12気筒モデル、「812スーパーファスト」をベースに開発されたものであることは、ボディのシルエットを見れば誰にも明らかであろう。

 そして注目のネーミングは「812コンペティツィオーネ」であった。

「812コンペティツィオーネ」は、クーペとオープンの2台同時に発表された

 だがさらに大きな驚きは、このフィオラノ・サーキットに隣接する開設されたばかりのGTスポーティング・アクティビティ部門のファシリティのなかにあった。

 ここにはもう1台のニューモデルが、完全なサプライズで用意されていたのである。

 その名は、「812コンペティツィオーネA」。すでに812コンペティツィオーネの姿は事前にオフィシャル写真が公開されていただけに、今回の発表ではその正式名だけが明らかになるのかと思われていたが、フェラーリは2台同時のワールドプレミアというサプライズを準備していたのだ。

 ちなみに車名の「A」は、イタリア語で「アペルタ」を意味する。すなわち812コンペティツィオーネのオープン仕様ということになる。

 フェラーリは、「この両車のステアリングを握れば、オンロードでもサーキットでも、ドライバーは車両との一体感を得ることができる」とコメントし、それは「どれほど複雑な動きを求めても、操作に対する瞬時のレスポンスと完全なコントロールが保証されているから実現できるのだ」と説明している。

 さっそく812コンペティツィオーネ、812コンペティツィオーネAのメカニズムを探っていこう。

 この両車に搭載されるエンジンは、6.5リッターV型12気筒自然吸気ユニットだ。排気量はこれまでの812スーパーファストと同様に6.5リッターだが、最高出力は830psと、さらに30psの強化が果たされることになった。

 さらに注目すべきはそのレブリミットで、実に9500rpmに達する。これはコンロッドやピストン、クランクシャフト、バルブトレインなど、エンジンの主要コンポーネントを再設計した結果である。

 もっとも大きな改良点はバルブトレインとシリンダーヘッドである。両車はいずれも完全な新設計バルブリフトのシステムを採用し、DLC(ダイヤモンド・ライク・カーボン)コーティングを施したスチール製のスライディング・フィンガーフォロワ―に変わったが、これはF1マシンから導入された新技術のひとつだ。

 吸排気システムやECUも、もちろんコンペティツィオーネのための専用設計となる。排気システムにはGPF(ガソリン・パティキュレート・フィルター)が採用されたが、それでも新設計のエグゾーストシステムは、中高回転域で魅力的なサウンドをV型12気筒エンジンのサウンドとともにカスタマーへと提供する。

 組み合わせられるトランスミッションは、7速のデュアルクラッチ・ギアボックスだ。新たな制御プログラムを採用したこと、そしてV型12気筒エンジンのレブリミットが500rpm引き上げられたことで、変速時間はさらに5%短縮している。

 もちろんその一方で、環境性能を引き上げるためのHELEシステムにもさらなる進化が施され、HELEモードを使用した際にはアイドリングストップ機能やエンジンマップが排気ガスの排出量をより低減させるよう機能する。

 搭載エンジンの強化に伴って、冷却系も大きく見直された。812コンペティツィオーネ/812コンペティツィオーネAのフロントエアインテークは、フェラーリとしては初のシングルデザインで、それによってラジエーターに送られるエア量を最大化している。冷却液のサーキットもすべて改良され、冷却効率は812スーパーファスト比で10%の向上を果たしたという。

Gallery:【画像】2台同時発表の「812コンペティツィオーネ」とは(13枚)