サーフブランドRIP CURLとのコラボが実現 シトロエン「C3エアクロスSUV」の特別仕様車が登場

グループPSAジャパンは2021年4月30日、シトロエンブランドのコンパクトSUV「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)」に特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL(C3エアクロスSUV サーフエディション バイ リップカール)」を追加、同年5月1日より発売する。

C3エアクロスの特別仕様車は20馬力アップの130馬力を発生

 グループPSAジャパンは2021年4月30日、シトロエンブランドのコンパクトSUV「C3 AIRCROSS SUV(C3エアクロスSUV)」に特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL(C3エアクロスSUV サーフエディション バイ リップカール)」を追加、同年5月1日より発売する。

シトロエン「C3エアクロスSUV サーフエディション バイ リップカール」

 シトロエンとリップカールのふたつのブランドはウェルビーイング、レジャー、そして“ここではないどこか”へと人を誘うエスケープというエレメントにおいて共通するものであり、パートナーシップはすでに5年に渡るという。今回日本に導入されるモデルは、2019年の100周年記念モデル「C3エアクロスSUV オリジンズ」「C3エアクロスSUV C-Series シックエディション」に続くグローバルな特別仕様車となる。

 ボディカラーにグリ アルタンス、ルーフ/ルーフレールはノアール ペルラネラ、アクセントカラーはリップカール・アルマイト・オーカ・カラー(マットイエロー)をあしらっている。このマットイエローはサーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たもので、ヘッドライトベゼルやドアミラー、およびブラック16インチホイールのセンターキャップに採用されている。

 インテリアも同様に、専用のダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントを採用。さらに通常モデルではファブリック張りとなるダッシュボードはダークグレーのテップレザーを張り、タフなイメージを強調している。

 内外装の意匠だけでなく装備も充実。新たに1.2リッター直列3気筒ターボエンジンは130ps・230Nmにパワーアップ。加えてアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を搭載している。FFながらトラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御するアドバンスドグリップコントロールの「サンド」モードを選ぶことで、サーフスポットまでの移動がより確実になる。

 車両価格は305万9000円(ペイントオプション代を含む)だ。

* * *

 シトロエン100周年を迎えた2019年の7月に日本でデビューしたC3エアクロスSUVは、コンパクトSUVとしてすでに世界で約29万台を販売した大ヒットモデルだ。

 日本においても昨今もっとも注目を浴びるBセグメントSUVにおいて、ユニークなスタイルとともに乗り心地や空間としての気軽さ、フレンドリーなキャラクターなどあらゆる要素でのコンフォート性能という新たな価値の提供で人気を博している。

 C3エアクロスSUVは全長4160mm×全幅1765mm×全高1630mm、ホイールベース2605mmというサイズで、車両重量は1290kg。EAT6(6速AT)が組み合わされ、前輪を駆動する。

Gallery:シトロエンとリップカールのコラボ「C3エアクロス」特別仕様車を画像で見る(11枚)