穴場の1000万円以下!! JPS仕様のロータス「エスプリ」は現実味ある70年代スーパーカーだ

ボンドカーとして映画『007/私を愛したスパイ』では、水中を移動する潜水艇にもなったロータス「エスプリ」だが、オークションマーケットではどのような評価がなされているのか、「ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)」仕様のエスプリで検証してみよう。

1978年のF1コンストラクターズタイトル獲得を記念した限定モデル

 今や遠い過去の記憶となりつつあるが、かつてのF1GPシーンはタバコ会社のスポンサーカラーに彩られていた。

 なかでも印象的だったのは、F1の世界に初めてスポンサーカラーを導入したロータスだろう。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社の「ゴールドリーフ」に端を発し、のちに同社が販売を引き受けた「ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)」に移行し、1980年代初頭までロータスのF1マシンたちを飾った。

 そしてそれらのボディカラーは、「エラン」や「ヨーロッパSP」などロータスの市販モデルにも限定的に採用されることになる。そのなかでも、スーパーカー世代にとってひときわ印象的だったのは「エスプリ」の「ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)」エディションだったと思う。

 今回VAGUEでは英国「シルバーストーン・オークション」社が2021年3月下旬に開催したオンライン限定オークション「The Race Retro Live Online Auction 2021」に出品された「エスプリJPS」の概要と、オークション結果についてレポートしよう。

●1978 ロータス「エスプリS2 JPS」

マセラティ「ブーメラン」が直接のモチーフとなったともいわれているロータス「エスプリ」(C)Silverstone Auctions Limited 2021

 ロータス・ヨーロッパSPの後継モデルとして1976年にデビューしたエスプリは、進化の過程でミニ・スーパーカー化していったヨーロッパと違って、企画された当初からスーパーカー的資質を意識したモデルだった。

 ヨーロッパ用のそれを拡大、強化したロータス式バックボーンフレームのミッドシップに、ロータスが1972年からエンジンを供給していた「ジェンセン・ヒーレー」や、ロータス2代目「エリート」ですでに実力を証明済みだった「907」型の直列4気筒DOHC16バルブ1973ccユニットを搭載する。

 このエンジンは英本国/ヨーロッパ仕様ではデロルト社製キャブレターを組み合わせて160ps、北米/日本仕様ではストロンバーグ社製キャブレターとのコンビで140psを発生した。

 この排気量ゆえにスーパーカーと呼ぶにはやや非力だが、シリーズ1(S1)で900kgと公称された軽量も相まって、そのパフォーマンスは十分以上のものであった。もちろんハンドリングはロータスの真骨頂というべき素晴らしさであった。

 一方フレッシュかつ先鋭的なスタイルは、イタルデザイン、ジウジアーロの傑作のひとつである。1972年ジュネーヴ・ショーに、彼が参考出品したコンセプトカー「マセラティ・ブーメラン」が直接のモチーフとなったともいわれている。

 1978年には、オーバーヒート対策や内外装にブラッシュアップを施した「エスプリS2」に進化。そして同じ年のF1世界選手権にて、マリオ・アンドレッティおよびロニー・ピーターソンを乗せたロータス79コスワースがドライバー部門/製造者部門で世界タイトルを総なめにしたことを記念して、この年の年末から「ジョン・プレイヤー・スペシャル(JPS)」カラーの「エスプリS2スペシャルエディション」が限定リリースされることになった。

 メカニカルパートについてはスタンダードのS2と共通ながら、グランドエフェクトを初めてF1界で成功させた「ウイングカー」、ロータス79の圧倒的な戦果を連想させるブラック&ゴールドのボディカラーに彩られ、アロイホイールもゴールド仕上げとされた。

 また「エラン・スプリント」や「ヨーロッパSP」時代のワールドチャンピオン記念限定車でも見られた長方形の「WORLD CHAMPION」バッジも、獲得タイトル数を示す月桂冠を増やして装着された。

 一方インテリアでは、ボディカラー&ストライプの色に合わせてゴールドエフェクトとしたコーデュロイ生地のシートインサート、ウレタン樹脂製2本スポークのオリジナルに換えて3本スポークのレザーリムとした専用ステアリングホイールを装備するほか、スタンダードではオプションだった日立製作所「Digi-One」ラジオカセットも標準装備化されている。

Gallery:【画像】レストア済の美しい「エスプリ」をチェックする(22枚)