ロータス最新作「エミーラ」はエンジン搭載決定! 「エヴァイヤ」は2021年度内に生産開始

4つの新規アーキテクチャー展開で、新生ロータスの進む道が見えてきた。また、最新モデルはエンジンを搭載した「エミーラ」という名称になることも判明した。

最新ロータスは、エンジン搭載で決定!

 2021年4月27日、ロータスは現在進行中のビジネスおよびブランドの変革に関する新たな指針を発表した。具体的には、4種類の新しい車両アーキテクチャー、テクノロジー・ロードマップ、斬新なグローバル・リテール・アイデンティティ、そして新開発されたニューモデルの名称の公開であったが、VAGUEではもっとも読者の関心が高いであろう新型車を中心にレポートしよう。

「エヴァイヤ」に続く新作「エミーラ」は、エヴァイヤのエクステリアデザインを踏襲したものになる

 ロータス・カーズおよびロータス・エンジニアリングの新たな章の幕開けを告げるニュースは、ロータス・グローバル・バーチャル・カンファレンスの「Driving Tomorrow」プレゼンテーションを通じて配信された。

●「Type 131」の正式名称は「エミーラ」

 ロータスの新しいスポーツカーは、これまで「Type 131」のコードネームだけ公表されていたが、今回、その正式名称「Emira(エミーラ)」が発表された。エミーラは、さまざまな古代言語に存在する単語で、現代語に翻訳すると、「司令官」または「リーダー」を意味する。

 これは、スリリングな新時代へと進むロータスを主導するエキサイティングな新しいスポーツカーとして、実に相応しい名前ではないだろうか。

 エミーラのワールドプレミアは、2021年7月6日に、生産拠点であるヘセルのロータス・アドバンスド・パフォーマンス・センターでおこなわれる予定だ。

 さらに、7月8日−11日に英国で開催されるヒストリック・モータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で、一般公開が予定されている。

 エミーラに関してカンファレンスで分かったことの最大のトピックは、予想に反してエミーラがハイブリッドではないということだろう。エミーラには、新しいパワートレイン・パートナーシップから、複数の内燃エンジンが供給されるという。そして、ロータスが内燃エンジン搭載車をデビューさせるのは、エミーラで最後であることも発表された。

 今回追加選択されるパワートレインはロータスにとって新しいエンジンで、高い効率を誇る最先端テクノロジーを採用し、ロータスならではのドライビング体験を提供するようにチューニングが施されているという。

 までエミーラのボディデザインは明らかにされていないが、「エヴァイヤ」の影響を大きく受けていることは間違いない。

Gallery:【画像】ロータスの近未来モデルはこうなる!(18枚)