「ジャミロクワイ」ジェイ・ケイが仕上げたBMW「3.0CSL」にプレ値はつくのか?

カーエンスージアストとしても知られているジェイ・ケイ氏がレストアの指示をした車両は、オークション・マーケットでプレミアムがつくのか、オークションに出品されたジェイ・ケイ氏の2台の愛車BMW「3.0CSL」を例に解説。

新車当時ポルシェ「911カレラRS」より高価だったBMW「3.0CSL」とは

 英国「シルバーストーン・オークション」社が2021年3月下旬に開催したオンライン限定オークション「The Race Retro Live Online Auction 2021」では、ロック界のレジェンド「ジャミロクワイ」のジェイ・ケイ(Jay.K)が、過去13年間にわたって所有してきたという1972年型BMW「3.0CSL」が出品され、世界中のファンの間で大きな話題となった。

 ジェイ・ケイは、同じシルバーストーン・オークション社が2020年5月に開催した「THE MAY LIVE ONLINE AUCTION 2020」にも、1972年型のBMW3.0CSLを出品していたのだが、今回の出品車両は昨年の個体とはボディカラーや仕様も異なる別モノである。そこで今回VAGUEでは、2020年の出品時の記憶も交えて、このオークションでのレビューを届けることとしよう。

●ツーリングカーレース用のホモロゲートスペシャル

「ジャミロクワイ」のジェイ・ケイ氏のコレクションであるBMW「3.0CSL」がオークションに登場(C)Silverstone Auctions Limited 2021

 ジェイ・ケイ氏は、英国「アシッドジャズ」レーベルから輩出されたスーパースターユニット「ジャミロクワイ」を主宰するアーティストとして、全世界にその名を轟かせている。

 また、彼はクラシックカー・コレクターとしても超一流で、自身のアイコン的存在としても知られるフェラーリのほかにも、マセラティやポルシェ、アストンマーティン、フォード「マスタング」などの素晴らしいクラシックモデルを数多く蒐集しているという。

 なかでもBMWはお気に入りのブランドのようで、ジェイ・ケイ・コレクションのなかでもかなりの数を占めていたのだが、2020年5月のオークション出品に続いて、今回2台目の3.0CSLを出品したことになる。

 ツーリングカーレースがヨーロッパ各国で絶大な人気を得ていた1971年。BMWがETC(ヨーロッパ・ツーリングカー・チャレンジ)選手権制覇を目指して投入した3.0CSLは、同時代に生産されていた豪奢で美しい4座クーペ「3.0CS」をベースとして、ツーリングカーレース用のFIA「グループ2」ホモロゲートのために開発されたエボリューションモデルだった。

 ドイツ語で軽いことを意味する「Leicht(ライヒト)」の頭文字「L」を添えた車名が示すように、左右ドアをアルミ化、サイド/リアウインドウをパースペックス樹脂製に置き換え、パワーウィンドウも廃することによって、3.0CSの1400kgから300ポンド(約136kg)の減量に成功したと謳われていた。

 蛇足ながら、前回の出品時の公式カタログ解説では「約200kgの減量」と記されていたが、今回はより緻密なキュレーションがおこなわれたようだ。

 一方エンジンは、初年度の3.0CSLでは3.0CSと共用のキャブレターつき2985cc・180psがそのままコンバートされたが、1972年の中期型ではインジェクション化されるとともに、3000cc以上のクラスに移行するために3003ccへと拡大。さらに1973年の後期型では3153cc・206psにパワーアップされたといわれている。

 新車として発売された際には、あのポルシェ「911カレラRS2.7」よりも数百ポンドほど高価だったという3.0CSLは、約3年の生産期間に総計1039台がラインオフした希少車。そのうち右ハンドル仕様車は、イギリスおよび英連邦市場向けに500台が作られたにすぎないとのことである。

 さらに、ETC選手権における目覚しい戦績などのヒストリー要素も加味されて、現在の国際マーケットでは高い評価を得るのが常となっているのだ。

Gallery:【画像】「ジャミロクワイ」ジェイ・ケイのコレクションカーとは(23枚)