驚愕の880psの「F8XX」完成! フェラーリの斜め上をいく「マンソリー」マジックとは

フェラーリを過激にカスタムするチューナー「マンソリー」が、最新の「F8トリブート」のコンプリートカーを完成させた。その名も「F8XX」。驚愕のパワーと速さを手に入れたF8XXを解説する。

マンソリー流ボディメイクは見かけ倒しではない!

 フェラーリ「F8トリブート」、「ポルトフィーノM」、そして「SF90ストラダーレ」と「ローマ」。フェラーリの8気筒シリーズのラインナップは、そのキャラクターを完全に理解するには、少々難しい存在になった。

 それらはいずれも世界の第一線に並ぶパフォーマンスを持つモデル達だが、フェラーリが狙う位置づけによれば、F8トリブートとSF90ストラダーレはスーパースポーツ。ポルトフィーノMとローマはGT=グランドツーリングと、比較的シンプルなものであることが理解できる。

F8トリブートから最高出力をプラス160psの880ps、最大トルクをプラス190Nmの960Nmにまで引き上げたマンソリー「F8XX」

 チューニングメーカーにとってもそれは十分に理解されているところで、さらなるパフォーマンスを誇示するには、スーパースポーツたる素材を選択するのがベストであることを彼らは熟知しているのだ。

 毎回過激なチューニングでカスタマーの目を楽しませてくれるドイツのマンソリーが今回発表した「F8XX」も、そのネーミングからも想像できるとおりF8トリブートがベースとなっている。

 目にも鮮やかなカターニア・グリーンのボディカラーと、その前後を貫くツインのストライプ。

 F8XXで採用されているマンソリー・オリジナルのボディパーツは、まさに数えきれないほどの数に及ぶ。フロントエプロンやサイドスカート、リアエプロンなどはその典型的な例である。

 リアウイングは左右で分割され、ふたつのL字型パーツに姿を変えている。ほかにはドアミラーカバーもオリジナルだ。

 またゴールドのホイールは、マンソリーのデザインによる「YT.5」がセットされている。タイヤサイズは、フロントが255/30ZR21、リアが335/25ZR22となり、ノーマルが前後20インチサイズを使用するのとは、そのセッティングが大きく異なっている。

Gallery:【画像】過激過ぎ! マンソリー「F8XX」のフルエアロをチェック(11枚)