現行プジョー唯一無二の4WDが登場! PHEV「3008 GTハイブリッド4」の実力とは?

2021年1月27日に日本に上陸した、プジョー初のPHEVにして現行プジョーラインナップで唯一の4輪駆動(4WD)となる「3008GTハイブリッド4」。システム出力300ps・520Nmを発揮する新しいモデルだが、どんな走りを見せてくれるのだろうか。オンロードだけでなくオフロードも試乗した。

2021年1月に追加されたプラグインハイブリッドモデル

 コンパクトハッチバックの「208」とコンパクトSUV「2008」がフルモデルチェンジしたばかりのプジョーは、立て続けに上級機種のマイナーチェンジを実施。そのなかでも2021年1月におこなわれた、ベストセラーSUV「3008」の変更内容は、かなり中身の濃いものだ。

プジョー「3008GT ハイブリッド4」のオフロードでの走り

 3008は2016年のグローバルローンチ以来、80万台超が生産され、日本でも2017年3月の発売から4年弱で累計8309台が販売された人気モデルとあって、その動向が気になっている人も少なくないことだろう。

 今回の進化のポイントは大きく分けて3つ。フェイスリフト、ADAS(先進安全支援システム)の強化、そしてパワートレインの進化となる。

 大きなグリルに宇宙の広がりを表現したという特徴的なシルバーのドットや、薄型のヘッドライト下のユニークなスリット、縦型の細いシャープなアイコンなど、新しくなった印象的なフロントフェイスは、遠目にも存在感がある。

 さらにはスマートテクノロジー装備を充実させたADASは、「ドイツ勢にだいぶ追いついた」と関係者も述べるとおりの内容だ。

 そして最大の関心事であるパワートレインは、既存の「PureTech」1.6リッターガソリン直噴ターボと「BlueHDi」2リッターディーゼルら純内燃機関モデルも燃費向上を果たしたのに加えて、プジョー初のプラグインハイブリッド4WDとなる「3008 GT HYBRID4(3008GT ハイブリッド4)」が、ラインナップに加わったのに注目だ。

「THE POWER OF CHOICE」を掲げ、3タイプの動力源が対等に選べることをアピールしているだけあって、各モデルの見た目上の差異は非常に少ない。使い勝手の面でも、純内燃機関モデルとの違いとしては、リアシートを前倒ししたときに、前端がやや持ち上がることと、あとはラゲッジフロアの両後端に小物ポケットの有無ぐらい。

 フロア下のつくりも若干異なるが、フロア高は同じとなっている。メーターには電動車としての各種情報が表示されるが、右側のパワーとチャージとエコの表示の向きが、他車とは左右が逆になっているのもプジョーらしい。

「300ps」と大々的にアピールしているとおりで、肝心の走りも0-100km/h加速タイムは4.9秒というからけっこうな俊足ぶりだ。

 モーターならではのリニアなレスポンスと、最大で520Nmを誇る力強いトルクを、静かでなめらかな走りともに味わえるのはこのクルマの大きな特徴となる。トルクコンバーターのかわりに湿式多板クラッチとモーターを配したATも、このドライバビリティにひと役買っている。

Gallery:【画像】現行プジョー唯一の4WD!「3008GT ハイブリッド4」を画像でチェック(22枚)