「ランボルギーニBMW」といわれた悲運のスーパーカー「M1」とは【THE CAR】

BMW モータースポーツ社がランボルギーニと手を組んで生み出す予定だったスーパーカー「M1」。その誕生に至るまでの経緯と、知られざる完成度の高さを解説する。

遅れてやってきたスーパーカー「M1」

Writer:西川淳
Photographer:神村聖

 1979年、モナコGP。

 F1きっての晴れ舞台がおこなわれる前に、異様な集団がレースを始めた。

 M1プロカー。

 しかも集団を引っ張るのは、エマーソン・フィッティパルディやパトリック・デパイエといったF1界のスタードライバーたち。そして、勝者は、ニキ・ラウダ……。

 この年、そして翌1980年と綺羅星の如きスタードライバーたちが、このクルマを駆って、真剣勝負を繰り広げた。同一マシンによるドライバー勝負は、子供心にも夢のようなイベントだと心ときめかせたと同時に、ブームに遅れてやってきたベースのスーパーカーにも、強烈な印象を持つに至る。

●打倒ポルシェ! のはずが……

この当時のイタリアンスーパーカーと同じくリトラクタブルライトを採用

 BMW「M1」。

 その名が物語るとおり、今をときめくBMW Mモデルの始祖というべき存在であり、BMWが作った唯一のスーパーカー。リアミドにはマニア垂涎のM88ストレート6が積まれて……。

 と、M1物語は、必ずといっていいほど、こんな趣旨のフレーズで始まるものだが、スーパーカーファンにとっては、少しだけ様子が違うはずだ。

 なぜなら、M1は悲運のミドシップロードカーである、という説明の方が、しっくりくるからだった。

 何が悲運だったというのか。

 なぜなら、M1というクルマは、BMWから独立したてのBMW モータースポーツ社(今のM社とは組織体制が異なり、あくまでもモータースポーツが中心)が、あのランボルギーニと組んで、世に送り出すはずのスーパーカーだったのに、現実にはそうはならなかったからである。

 バーバリアンとサンタアガタ・ボロネーゼ、夢の競演になるはずだった。

 BMWおよびモータースポーツ社(以下、便宜的にM社)は、当時、メイクス選手権のかかったグループ5レースなどでポルシェ勢に遅れをとっていた。箱形乗用車がベースの「3.0&3.5CSL」では、いろんな意味で戦闘力に限界があり、「935系」レースカーの後塵を浴びていたのだ。

 そこで、シルエットフォーミュラシリーズでも勝てるレース用ベースカーが必要であるとM社は判断した。そして当時、苦境に陥っていたサンタアガタの経験と設備に目をつけたのだ。

 一方のランボルギーニはといえば、倒産寸前の青息吐息な状況において、それは喉から手が出るほど嬉しい提案だった。BMWの申し出に、復活をかけた一筋の光明を見いだした。

 計画は、こうだった。

 グループ5への転用可能なミドシップマシンを、「ミウラ」や「パンテーラ」で名をあげたジャン・パオロ・ダラーラを中心としたランボルギーニチームが設計。イタリアのボディスペシャリスト・マルケージが生産した鋼管フレームのリアミドに、BMW製ドライサンプM88ユニットを詰め込んで、ジウジアーロデザインのFRPパネルエクステリアで覆う。

 それは、今でいうところのアウディ&ランボルギーニ生産方式(「ガヤルド」&「ウラカン」のパワートレインとボディフレームはドイツから送られサンタアガタで組み立て)であった。

 独伊コラボによるリアルスーパーカーが、ひと足先に実現していたはず、だったのだ。

Gallery:【画像】再評価されているBMW「M1」とは(13枚)