全長5mの電動SUV キャデラック「リリック」世界初公開! 日本市場へも投入予定

米国GM傘下のブランド「キャデラック」は2021年4月22日、ラージサイズのSUV型電気自動車(EV)「LYRIQ」を世界初公開した。同年9月から全米で受注予約を開始し、2022年前半から販売を開始する予定だ。

GMのEV用「アルティウム」プラットフォームを採用

 米国GM傘下のブランド「キャデラック」は2021年4月22日、ラージサイズのSUV型電気自動車(EV)「LYRIQ(リリック)」を世界初公開した。同年9月から全米で受注予約を開始し、2022年前半から販売を開始する予定だ。

キャデラックの新型電動SUV「リリック」のフロントマスク

 リリックはキャデラックブランド初の電動ラグジュアリーSUVで、全長4996mm×全幅1977mm×全高1623mm、ホイールベース3094mmというサイズ。

 後輪駆動の「アルティウム」プラットフォームが用いられ、12モジュールで構成された100kWhのバッテリーパックを搭載。フル充電で300マイル(約480km)以上の航続距離を実現するように設計されている。

 搭載する電気モーターは最高出力340ps、最大トルク440Nm(キャデラック推定値)を発揮する。

 公共充電ステーションでの190kWの高速直流(DC)急速充電にも対応し、10分の充電時間で約76マイル(約122km)の航続距離を延長することが可能だ。また家庭での充電については、19.2kWの充電モジュールにより、業界最速の1時間あたり航続距離を最大52マイル(約84km)伸ばすことができるという。

 リリックは電動ドライビングエクスペリエンスを思いどおりにコントロールするため、利便性の高いワンペダルドライビングとともに、次世代のGM独自の回生ブレーキシステム「バリアブル・リジェン・オン・デマンド」技術を採用する。このシステムにより、ドライバーはステアリングホイールに備わる感圧パドルを使い、リリックがどれくらいの速度で減速し、完全に停止するのかを制御できる。

 2023年モデルのリリックは、2022年第1四半期に生産が開始される予定で、車両価格は5万9990ドル(日本円で約650万円)となる。

 生産はテネシー州スプリングヒルにあるGMの組立工場でおこなわれ、同工場には電気自動車の生産を支援するために20億ドルが投資される。さらにスプリングヒルの最新型バッテリーセル製造工場には、GMとLGエナジーソリューションとの合弁会社「アルティウム・セル LLC」によってさらに23億ドルが投じられる。

 2023年モデルのリリックのハイライトは以下のとおり

・対象の道路における業界初の完全ハンズフリー運転支援システム「スーパークルーズ」
・対角33インチの最新大型LEDディスプレイ
・キャデラックの次世代「アクティブノイズキャンセレーションシステム」
・演出効果を備えた点灯シーケンスの細長いLEDヘッドライト
・ヘッドレストスピーカーを含む19個のAKGスタジオ製スピーカーオーディオシステム
・スマートフォンを活用したKeyPassデジタル車両管理アプリ、デュアルレベル充電コード
・標準装備の20インチスプリット6スポークアロイホイール、またはオプションの22インチ・ダイナミクスプリットスポークリバースリムアロイホイール

* * *

 リリックのチーフエンジニア、ジェイミー・ブリュワー氏は、「リリックの動力源となる極めて柔軟なモジュール式『アルティウム』プラットフォームと先進的なバーチャル開発ツールにより、キャデラックは開発期間を短縮し、プロトタイプの実走航続距離を予想よりも早く延ばすことを可能にしました。我々の目標が路上で実現するのを見るのが楽しみです。つまり、この先駆的でラグジュアリーな電気自動車を、当初の計画よりも9か月早くお客さまにお届けすることができるということです」とコメントしている。

 GMジャパンでは、リリックの日本市場への導入を検討しているというが、その時期に関しては未定だ。

Gallery:スタイリッシュな電動SUV! キャデラック「リリック」を画像で見る(29枚)