実質185万円値下げで届きやすい価格に!メルセデス・ベンツ「EQC400 4MATIC」が装備変更

メルセデス・ベンツ日本は2021年4月20日、電気自動車(EV)「EQC400 4MATIC」の装備を一部見直すとともにメーカー希望小売価格を改定、予約注文の受付を開始した。

日本においてメルセデス初の電気自動車が「EQC」

 メルセデス・ベンツ日本は2021年4月20日、電気自動車(EV)「EQC400 4MATIC」の装備を一部見直すとともにメーカー希望小売価格を改定、予約注文の受付を開始した。

メルセデス・ベンツ「EQC400 4MATIC」の走り

 これまで標準装備だった「クライメートコントロール(前席左右・後席独立調整)」と「エナジャイジングパッケージ」をレザーエクスクルーシブパッケージに、同じく標準装備していた「ステンレスランニングボード」「プライバシーガラス」「ヘッドアップディスプレイ」をAMGラインにオプション装備として追加。またガラススライディングルーフは単独オプションで設定している。

 これら装備の一部見直しなどにより、EQC400 4MATICのメーカー希望小売価格を1080万円(消費税込、以下同様)から895万円に値下げしている。

 5年間、10万kmまでの一般保証と無償のメンテナンスプログラム「EQケア」は全車標準設定される。また全国約2万1000基での充電利用料および月額基本料は1年間無料となる。さらに6kW(30A)対応の交流普通充電器本体を無償提供されるほか、設置にかかる費用負担を軽減するための10万円サポートも実施される。

* * *

 EQCは2019年7月に日本上陸を果たした、日本におけるメルセデス・ベンツ初のEVで、電気のみを動力としている。

 前後アクスルにそれぞれ1個づつモーターが搭載され、モーターの総合最高出力は300kW(408ps)、最大トルク765Nmを発生する。

 リチウムイオンバッテリーは前後アクスル間のフロア部に搭載、容量は80kWhだ。WLTCモードでの航続距離は400kmで、6.4kWまでの交流普通充電と、50kWまでの直流急速充電(CHAdeMO規格)に対応している。

 低中負荷領域では効率を高めるためにフロントモーターのみで走行、走行状況に応じてリアのモーターを稼働し、前後トルクを可変的に調整することで、四輪駆動の優れたドライビング特性が得られる。また前後両方のモーターをオルタネーターとして使うことで、回生ブレーキによる減速効果を最大限に高めている。

メルセデス・ベンツ・EQC のカタログ情報を見る

Gallery:【画像】メルセデス・ベンツの電気自動車「EQC」を画像で見る(24枚)