VWの7人乗りミドルサイズ電動SUV「ID.6」世界初公開! ID.ファミリー第3弾

独フォルクスワーゲン(VW)は2021年4月17日、中国・上海で開催されている上海モーターショーにて、新型電気自動車(EV)「ID.6」を世界初公開した。

全長4876mmのミドルサイズSUVで3列7人乗りを実現

 独フォルクスワーゲン(VW)は2021年4月17日、中国・上海で開催されている上海モーターショーにて、新型電気自動車(EV)「ID.6」を世界初公開した。

上海モーターショー2021で世界初公開されたVWの電動SUV「ID.6 CROZZ」

 コンパクトなEVモデルである「ID.3」や「ID.4」と同様、フル電動ファミリーの3番目のモデルとなるID.6も、MEB(モジュラー・エレクトリック・ドライブ・キット)をベースにしている。MEBは、世界中で一貫して高い品質を実現し、同様に高い基準を満たしているだけでなく、世界の特定の市場や地域に特化した個々のモデルを開発する余地も残しているという。新型ID.6は、スペース、機能、デザイン、そしてとくにユーザーエクスペリエンスの面で、中国のお客様のニーズと希望に合わせて作られている。

 ID.6は全長4876mm×全幅1848mm×全高1680mm、ホイールベースは2965mm。電動コンパクトSUV、ID.4よりも全長は300mm延長され、ロングホイールベースとすることで、3列目シートを搭載することが可能になった。これにより7人乗りを実現している。2列目シートは前後スライドが可能だ。

 ID.6のインテリアには、物理的なボタンやスイッチが一切なく、タッチスクリーンを備えた12インチのディスプレイと「Hello ID.」との言葉で起動するボイスコントロールを採用している。オプションでARヘッドアップディスプレイが用意され、ナビゲーションの指示が道路上の車線に投影されるなど、一部の通知が現実と融合する。

 搭載バッテリーは58kWhと77kWhの2種類を用意。一充電での航続可能距離は436kmから588km(中国NEDCモード)となる。バッテリーはキャビンの下に配置されており、低重心を実現している。

 モーター出力は132kW(約180ps)、150kW(約204ps)、225kW(約305ps)の3種類。最大トルクは220Nmと310Nmの2種類がある。

 4MOTION(4WD)バージョンの「e-machine」は225kW(305ps)/310Nmの出力を持ち、最高速度160km/h(リミッター)、0-100km/h加速は6.6秒を実現している。

 ID.6は中国の安亭工場と佛山工場のふたつの工場で生産され、中国市場では「ID.6 CROZZ」と「ID.6 X」というふたつのバリエーションのみが販売される。

* * *

 VWブランドのCEOであるラルフ・ブランドシュテッター氏は、「新しいID.6によって、2030年までに中国で販売する車の少なくとも50%を電気自動車にするための基礎を築いています」とコメントする。

「私たちは勢いを維持しながら、MEB車のラインナップを徐々に増やしています。2023年までに、フォルクスワーゲンは中国で合計8つのID.モデルを展開し、MEBを中国全土に普及させる予定です。私たちが達成したスケールメリットにより、最新のテクノロジーを手頃な価格で提供することができ、その結果、電気自動車の攻勢をさらに拡大することができるのです」

Gallery:中国向けの7人乗り電動SUV!「ID.6」を画像で見る(11枚)