お城のようなベントレー! モノトーンな10台限定の日本専用「コンチネンタルGT V8」とは

ベントレーモーターズは、日本限定モデルとして「コンチネンタルGT V8エクイノックス・エディション」を発表した。限定車専用の内外装の仕様について解説する。

白と黒、それぞれ5台限定の日本専用「コンチネンタルGT V8」

 ベントレーマリナーは、日本限定モデル「コンチネンタルGT V8エクイノックス・エディション」発表した。

日本市場に向けた10台限定のベントレー「コンチネンタルGT V8エクイノックス・エディション」

 コンチネンタルGT V8エクイノックス・エディション(以下エクイノックス)は、熟練した職人の手でハンドクラフトされた10台限定の日本市場向けモデルである。車両価格(消費税込)は、3118万円だ。

 この限定モデルのカラーは、ブラック、シルバー、ホワイトのモノクロームカラーが基調となっており、このエクイノックスのテーマは、シンプルなスタイリングによって際立つ力強さと気品である。

 ボディカラーは、漆黒のブラックオニキスとクールなグレッシャーホワイトの2色が選択可能だ。

 また、エクステリアにはスタイリングスペシフィケーションが装備され、コンチネンタルGTのエアロダイナミクスパフォーマンスはさらに向上している。スタイリングスペシフィケーションは、特別に調合された光沢の強いブラックカーボンファイバーで作られたフロントスプリッターやリアディフューザー、ブートリップスポイラー、サイドシルなどで構成され、それぞれに金属のベントレーウイングバッジが取り付けられている。

 さらに極めつけは、コンチネンタルGTの美しいラインと威厳のある存在感をより際立たせるため、カーボンファイバーの部品に、コントラストのアクセントとなるムーンビーム(リッチシルバー)のピンストライプの縁取りが施されている点だ。このピンストライプのラインは、1台につき5日間かけてハンドペイントされている。

 足元を飾るホイールは、ダークメタリックのタングステンで塗装された、マリナードライビングスペシフィケーションの22インチホイールを採用している。

Gallery:【画像】お城仕様の「コンチGT V8」をチェック!(9枚)